Rakuten infoseek

辞書

長橋【ナガハシ】

デジタル大辞泉

なが‐はし【長橋】
長い橋。
宮中の清涼殿から紫宸殿(ししんでん)に通じる廊下。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ながはし【長橋】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ながはし【長橋】
長い橋。 「瀬田の-」
宮中の、清涼殿から紫宸殿ししんでんに通じている廊下。 「 -よりおりて舞踏し給ふ/源氏 桐壺」 → 清涼殿

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔新潟県〕長橋(ながはし)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐きょう チャウケウ【長橋】
〘名〙 長い橋。
※本朝麗藻(1010か)上・暮春侍宴左丞相東三条第同賦度水落花舞〈紀為基〉「両岸台遙移節裏。長橋路遠応歌程」 〔何遜‐夕望江橋詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なが‐はし【長橋】
〘名〙
① 長い橋。
※新古今(1205)雑中・一六五六「まきのいたも苔むすばかり成にけりいくよへぬらんせたのながはし〈大江匡房〉」
宮中の清涼殿の東南隅から紫宸殿の御後(ごご)に通じる細長い板の橋。
※小右記‐天元五年(982)三月一四日「不宣命、仍居長橋
③ 五節(ごせち)の時、清涼殿の東北隅から承香殿にわたす仮の橋。丑(うし)の日の帳台の試みに天皇が常寧殿に出御する時や、寅(とら)の日の御前の試みや卯(う)の日の童女御覧に舞姫や童女が清涼殿に上る時に用いる。
※讚岐典侍(1108頃)下「承香殿のきざはしより清涼殿のうしとらのすみなるなかはし、とのつままでわたすさまむかしながら也」
※御湯殿上日記‐大永七年(1527)九月七日「なかはし久しきもうきにて、昨日こときれたるよしきこしめす」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長橋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長橋の関連情報

他サービスで検索

「長橋」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.