Rakuten infoseek

辞書

長崎くんち【ながさきくんち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

長崎くんち
ながさきくんち
長崎県長崎市諏訪神社例祭で,毎年 10月7~9日に行なわれる。1874年までは旧暦 9月7~9日の祭りで,「くんち」は旧暦 9月9日の重陽に行なわれる秋祭りのことをいう。九州北部には「○○(地名)くんち」と呼ばれる祭りが多いが,そのなかで最も大規模で著名。10月7日に諏訪神社の神輿 3基が大波止(おおはと)の御旅所に渡御する「お下り」で始まり,8日の例祭神事を経て 9日の「お上り」(還御)で終わる。この間に神社境内と御旅所や市内各所で,踊町(おどりちょう)と呼ばれる氏子各町が龍踊(じゃおどり)などの踊りや,川船・唐人などの曳物(ひきもの),太鼓山を担ぎ上げるコッコデショなどの担ぎ物,大名行列などの通り物の奉納踊を行なう。奉納踊は,寛永11(1634)年に 2人の遊女が神前で踊りを奉納したことに始まると伝わり,寛文12(1672)年以降,氏子 77ヵ町が七つの組に分かれて輪番で踊町を務め,例年 5~7ヵ町がじる。踊町では,6月1日の小屋入りから準備が始まり,10月3日には通りに面した家が戸障子を開け放して踊り道具や衣装などを飾り,行き交う人々に見せる庭見世(にわみせ)が,4日は各町内で本番同様に踊りを披露する人数揃い(にぞろい)が行なわれる。また,踊町を務めて 4年後には,祭り全般をとりしきり神輿に供奉する年番町となる。1979年「長崎くんちの奉納踊」として国の重要無形民俗文化財指定

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

長崎くんち
諏訪神社(長崎市)の大祭で、7年に1度持ち回りで巡ってくる旧長崎市街の当番町「踊町(おどりちょう)」が、それぞれ町ごとの自慢の演(だ)し物を披露する。川船など船に車を付けて引く「曳物(ひきもの)」、龍踊(じゃおどり)、獅子踊や本踊といった「踊り」など多彩だ。400年近い歴史があり、「長崎くんちの奉納踊」として国の重要無形民俗文化財に指定されている。
(2019-10-04 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ながさき‐くんち【長崎くんち】
長崎市、諏訪神社の大祭。10月7日から3日間。竜踊(じゃおどり)など、奉納踊りが名物

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ながさきくんち【長崎くんち】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

事典・日本の観光資源

長崎くんち
(長崎県長崎市)
次代(あす)に残そう長崎百景」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長崎くんち
(長崎県長崎市)
長崎県文化百選 祭り・行事編」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長崎くんち」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長崎くんちの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.