Rakuten infoseek

辞書

長岡京【ながおかきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

長岡京
ながおかきょう
桓武天皇,延暦3 (784) 年から同 13年までの都。京都府向日市長岡京市と京都市伏見区,西京区にわたる地域を占めていた。人心一新のため,藤原種継首唱によって平城京から遷都したが,翌年種継が殺され,その事件に連座して廃太子早良親王 (さわらしんのう) のたたりといわれる事件が次々に起ったため,造営工事はついに中止され,平安京に遷都した。都とされたのは,わずか 10年であったが,記録,遺構などから考えて,大路,小路なども整備され,大内裏殿舎,東西の市も完成していたものと思われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ながおか‐きょう〔ながをかキヤウ〕【長岡京】
京都府向日(むこう)市・長岡京市付近にあった桓武天皇造営の都。延暦3年(784)に平城京からここに移った。同13年(794)平安京に遷都。
京都府南部の市。京都・大阪の中間にあり、宅地化が著しい。もとの地で、古墳が多く、長岡天満宮光明寺などがある。人口8.0万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

長岡京
 784年に平城京[へいじょうきょう]からうつされた都です。平安京[へいあんきょう]に都がうつるまでの10年間存続しました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ながおかきょう【長岡京】
784年(延暦3)から794年まで,山城国乙訓(おとくに)郡(現在の京都府向日(むこう)市,長岡京市,京都市,乙訓郡大山崎町)にあった古代都城。 奈良時代末期の781年(天応1),父光仁天皇からはからずも帝位をゆずられた山部親王(桓武天皇)は,旧都平城京を捨てて新都を建設し,人心を一新して律令体制をたてなおそうとした。それは,平城京時代70年間に強大になった寺院勢力などの旧弊を断ち切り,新しい政治を行うことをめざすことでもあった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ながおかきょう【長岡京】
784年より10年間、現在の京都府向日むこう市・長岡京市付近に置かれた古代の都。桓武天皇は平城京からこの地に移ったが、造都の中心人物藤原種継の暗殺など、不祥事件続発のため794年平安京に遷都。ながおかのみやこ。
◇ 京都府南部の市。古代の長岡京のあった所で、付近は古墳が多い。近年、住宅のほか工場が立地。乙訓おとくにたけのこは特産物。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

長岡京
ながおかきょう
平安時代初期、山城(やましろ)国乙訓(おとくに)郡に置かれた都城。現在の京都府向日(むこう)市・長岡京市付近にあたる。桓武(かんむ)天皇は784年(延暦3)11月11日に平城京からこの地に遷都し、以来794年10月22日に平安京に遷(うつ)るまでここに都した。政治の中心である宮城は向日市に、経済の中心である東西市(とうざいいち)は長岡京市に、交通の中心であり都の玄関にあたる山崎津(やまざきのつ)は大山崎町に、淀津(よどのつ)は京都市にあった。南北は十条、東西は左右各四坊計八坊あったと考えられているが、他の意見もある(平安京は南北9.5条、平城京の左京は9条、右京は9.5条分あった)。長岡京が南北に長いのは、南東部の淀付近が低湿地であり、南西部が山であった関係であろう。北部の宮の一部も丘のため建物は建てられていなかった。
 奈良が廃都になったのは、仏教勢力からの絶縁、人心一新が理由とされるが、人口が増えすぎ、物資の輸送に有利な水運の便を欠いたのが最大の原因であった。これに対し、長岡京の山崎津や淀津には、当時大洋や瀬戸内海を航行する船がそのまま遡航(そこう)してくることができた。また天皇の信任の厚い藤原種継(たねつぐ)の母や藤原小黒麻呂(こぐろまろ)の妻の実家は、山背(やましろ)(山城)の葛野(かどの)郡や乙訓郡に居住する裕福な渡来系氏族秦(はた)氏で、この一族が遷都については協力を申し出て、誘致に努力したらしい。しかし、785年には遷都の首唱者で造長岡宮使の藤原種継が暗殺され、これに関係したとされる早良(さわら)親王の廃太子事件が起きた。この時代、大規模な蝦夷(えみし)征討事業も行われたが、その経済的負担も大きかった。ところが完成近かった都も洪水や政争が続き、早良親王の怨霊(おんりょう)に悩まされた桓武天皇によって、わずか10年で平安京へ都を遷すこととなった。[中山修一]

発掘調査

長岡京址(し)の発掘は、1954年(昭和29)末以来84年末現在で、調査回数はすでに400回を超え、年間2億円近い発掘調査費を使って何か所かにおいて発掘と整理が行われている。発掘が進むにしたがって、最初考えた北京極(きょうごく)の地より2本北に北京極大路(おおじ)が考えられるようになり、町割は平安京型よりは平城京型に近く、南北は三都のなかでいちばん長いが東西幅は平安京より狭いことが明らかになった。
 長岡宮域にあたる向日神社付近は古墳も破壊されずそのままに残っているほかは、どこの発掘でも柱穴や礎石下の根石をみいだすことができる。なかには10年の間にすでに建て直されている所も何か所かみられ、ほぼ全域に工事は進められていたことがわかった。京域では東西南北の大路小路もほぼ完成し、民家も約1万棟は建っており、人口も5万人はある田園都市的な整頓(せいとん)された美しい街であったと推定されるようになった。
 木簡の出土数も1000枚を超え、墨書土器とともに重要な資料を提供している。出土瓦(かわら)には、藤原京・平城京・難波(なにわ)京・保良(ほら)宮瓦と長岡京固有の瓦とがあり、瓦や礎石、柱などはその後そっくり平安京へ運ばれている。[中山修一]
『高橋徹他著『長岡京発掘』(1968・日本放送出版協会) ▽中山修一他著『長岡京内と外』(1978・乙訓書房) ▽上田正昭編『向日市史』上下(1983、85・向日市)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ながおか‐きょう ながをかキャウ【長岡京】
[一] 桓武天皇が延暦三年(七八四)京都府長岡京市から向日市・大山崎町・京都市にまたがる一帯の地に造営した都。造長岡宮使藤原種継の暗殺、廃太子早良親王の非業の死などにより、同一三年平安京に遷都。長岡のみやこ。
[二] 京都府南部の地名。長岡京が造営された地で、古墳が多い。乙訓寺(おとくにでら)がある。乙訓郡長岡町が、昭和四七年(一九七二)市制施行とともに改称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ながおか‐の‐みやこ ながをか‥【長岡京】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長岡京」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長岡京の関連情報

関連キーワード

奈良時代平安時代平城京日本におけるおもな時代区分平城京跡長岡京跡対馬丸奈良時代平城京

他サービスで検索

「長岡京」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.