Rakuten infoseek

辞書

長屋王【ながやおう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

長屋王
ながやおう
[生]天武4(675)/天武12(683).大和,飛鳥
[没]天平1(729).2.12. 奈良
天武天皇の孫。父は高市皇子。母は天智天皇の女御名部皇女という伝承もあるが確かではない。妃は草壁皇子の娘吉備内親王。ほかに藤原不比等の娘もめとっている。和銅2 (709) 年宮内卿,翌和銅3 (710) 年式部卿,養老2 (718) 年大納言,養老5 (721) 年右大臣となり,勢力を拡大。神亀1 (724) 年さらに左大臣に進み,政治の実権を握った。天平1 (729) 年「ひそかに左道を学び国家を傾けんと欲す」と密告され,朝廷から謀反の疑いを受け,軍隊に邸宅を囲まれ,妃および所生の諸王子とともに自害した。儒教を重んじ,詩文を好み,よく詩宴を開いたといわれる。『懐風藻』に詩3編,『万葉集』に5首を残している。墓は奈良県生駒郡平群町にある。 1988年平城京付近で屋敷跡と約6万 5000点にも及ぶ木簡が発見された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ながや‐おう〔‐ワウ〕【長屋王】
[684~729]奈良前期の政治家天武天皇の孫。高市皇子の子。聖武天皇のもとで左大臣となり、藤原氏を抑えて皇親政治を推進したが、讒言(ざんげん)により、自殺に追い込まれた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

長屋王 ながやおう
684-729 飛鳥(あすか)-奈良時代,高市(たけちの)皇子の第1王子。
天武天皇13年生まれ。天武天皇の孫。宮内卿(くないきょう),式部卿,大納言,右大臣,左大臣などを歴任。養老7年三世一身の法を施行し,律令制の維持をはかる。神亀(じんき)6年漆部君足(ぬりべの-きみたり)らに謀反をくわだてていると密告され,同年2月12日自害した。46歳。和歌が「万葉集」に5首,漢詩が「懐風藻」にのこる。
【格言など】宇治間山(うぢまやま)朝風寒し旅にして衣貸すべき妹もあらなくに(「万葉集」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

防府市歴史用語集

長屋王
 天皇の一族で、720年には大臣になりますが、729年に反乱を起こすと密告され、自殺に追い込まれてしまいます。なお、長屋王の邸宅跡からは多くの木簡[もっかん]が見つかっています。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ながやおう【長屋王】
684‐729(天武13‐天平1)
奈良時代前期の皇親政治家。天武天皇の孫,高市皇子の第1子。母は天智天皇皇女の御名部皇女であるという。鈴鹿王の兄。《続日本紀》の伝によると吉備内親王(元明天皇と草壁皇子の子)との間に膳夫王,桑田王,葛木王,鉤取王がおり,同書天平宝字7年(763)10月丙戌条の藤原弟貞伝によると,藤原不比等の女某との間に安宿(あすかべ)王,黄文(きぶみ)王,山背王(藤原弟貞),教勝がいた。そのほか賀茂女王,円方女王も王の女である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ながやおう【長屋王】
684~729) 奈良時代の政治家。高市皇子の子。天武天皇の孫。藤原不比等没後、左大臣。不比等の子、聖武天皇の夫人、光明子の皇后冊立に反対、藤原氏の陰謀により自殺させられた(長屋王の変)。「万葉集」「懐風藻」に詩歌をおさめる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ながや‐おう ‥ワウ【長屋王】
高市皇子の男子。母は天智天皇の皇女。妻は吉備内親王。累進して正二位左大臣となり、藤原氏を抑えて皇親政治を推進したが、讒言により、自邸を官兵に囲まれて自殺。天武天皇一三~天平元年(六八四‐七二九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長屋王」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長屋王の関連情報

関連キーワード

サンダーバード保険者班田収授法肝腎症候群肝性糸球体硬化症高宗富本銭高宗マルワーン家高宗[唐]

他サービスで検索

「長屋王」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.