Rakuten infoseek

辞書

長寛【チョウカン】

デジタル大辞泉

ちょうかん〔チヤウクワン〕【長寛】
平安末期、二条天皇の時の年号。1163年3月29日~1165年6月5日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちょうかん【長寛】
年号(1163.3.29~1165.6.5)。応保の後、永万の前。二条天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

ちょうかん【長寛】
日本の元号(年号)。平安時代の1163年から1165年まで、二条(にじょう)天皇の代の元号。前元号は応保(おうほう)。次元号は永万(えいまん)。1163年(応保3)3月29日改元。天変と永暦(えいりゃく)年間(1160~1161年)から続く天然痘(てんねんとう)の蔓延という凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『維城典訓(いじょう)典訓』を出典とする命名。1156年(保元1)の保元の乱に勝利した後白河(ごしらかわ)天皇は皇子の二条天皇に譲位し、上皇として院政を開始していた。二条天皇の立場は不安定だったが、権中納言(ごんちゅうなごん)の藤原伊通(これみち)と台頭しつつあった平清盛(たいらのきよもり)を後ろ盾に、1161年(応保1)の憲仁(のりひと)親王(後白河の第7皇子、後の高倉(たかくら)天皇)皇太子擁立の陰謀を阻止して、後白河の政治介入を阻んだ。長寛年間は後白河の院政が実質的に停止していた時期で、二条天皇は積極的な政を行った。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょうかん チャウクヮン【長寛】
平安時、二条天皇の代の年号。応保三年(一一六三)三月二九日に天変、疾疫により改元、長寛三年(一一六五)六月五日永万元年となる。関白は藤原基実。出典は「維城典訓」の「長之寛之、施其功博矣」による。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長寛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長寛の関連情報

関連キーワード

長寛勘文和やか・柔やかノートルダム大聖堂(パリ)労働審判家電リサイクル法ノートルダム大聖堂応保説文解字北条義時

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.