Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

長夜【チョウヤ】

デジタル大辞泉

ちょう‐や〔チヤウ‐〕【長夜】
《古くは「ぢょうや」とも》
秋または冬の長い夜。ながよ。 秋》短夜
夜通し。「長夜の宴」
《いつまでも夜が明けないところから》死んで埋葬されること。転じて、死後の世界。
仏語。煩悩(ぼんのう)のため悟りが開けず生死(しょうじ)の境界にさまようこと。「無明(むみょう)長夜

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なが‐よ【長夜】
夜の明けるまでが長い夜。特に、秋の夜についていう。夜長。ちょうや。
[補説]作品名別項。→長夜

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ながよ【長夜】[作品名]
女流日本画家、上村松園の作品。明治40年(1907)の第1回文展で3等賞となり脚光を浴びた、初期の代表作。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう‐や〔ヂヤウ‐〕【長夜】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

長夜
ちょうや

なかなか明けない長い夜の意で、多く秋または冬の夜についていう。古くは「じょうや」といった。仏教では、凡夫が煩悩(ぼんのう)にじゃまされて悟ることができず、長く無明(むみょう)(根源的無知)の闇(やみ)に覆われて、生死輪廻(しょうじりんね)の世界に沈淪(ちんりん)するさまを例えていう。「長夜の眠り」「長夜の闇」などは、生死の迷いを闇に例え、生死輪廻の苦界を脱することのできない凡夫のさまをいった句である。

[藤井教公]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐や チャウ‥【長夜】
〘名〙 (古くは「ぢょうや」とも)
① 長い夜。なかなか明けない夜。ふつう、秋または冬の夜をさす。よなが。ながよ。
※性霊集‐三(835頃)中寿感興詩「嗟余五八歳、長夜念円融」 〔荀子‐正名〕
② (「春秋左伝‐襄公一三年」の「唯是春秋穸之事」の注に「、厚也、穸、夜也、厚夜猶長夜、春秋謂祭祀、長夜謂葬埋」とあることによる。長夜はいつまでも夜が明けないところから、人が一度死んで二度と生きかえらないことをたとえていう) 死んで、埋葬されること。また、死んだ後のあの世。死後の世界。冥途。黄泉。よみじ。
※和漢朗詠(1018頃)下「長夜に君先づ去りんたり 残んの年我れ幾何ぞ〈白居易〉」 〔勝鬘経‐摂受章〕
③ 仏語。凡夫が、煩悩のために悟りを開くことができず、生死輪廻の迷いからのがれることができないこと。また、そのような境地。生死長夜(しょうじじょうや)
※梁塵秘抄(1179頃)一「釈迦の月は隠れにき、慈氏の朝日は未だ遙か、その程長夜の闇(くら)きをば、法花経のみこそ照らいたまへ」
④ 「ちょうや(長夜)の飲」の略。〔史記‐楽書〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ながき【長】 夜(よ)
① 日暮れから夜明けまでの時間の長い夜。特に秋の夜にいう。ながよ。ちょうや。《季・秋》
※万葉(8C後)三・四六二「今よりは秋風寒く吹きなむをいかにかひとり長夜(ながきよ)をねむ」
② 永久に夜の続くこと、また、その所の意で、死後の世界のこと。よみじ。冥土。ちょうや。
※詞花(1151頃)雑下・四〇九「ながきよの苦しきことを思へかし何歎くらんかりのやどりを〈よみ人しらず〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なが‐よ【長夜】
〘名〙 長い夜。特に、夜明けまでが長い秋の夜をいう。ちょうや。《季・秋》
※万葉(8C後)一〇・二三〇二「ある人のあな心無(こころな)と思ふらむ秋の長夜(ながよ)を寝覚め伏すのみ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう‐や ヂャウ‥【長夜】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長夜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長夜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.