Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

鐘の音【カネノネ】

デジタル大辞泉

かねのね【鐘の音】
狂言。主人に金(かね)の(ね)を聞きに鎌倉へ遣わされた太郎冠者が、の音と早合点し、寺々を回って聞いた鐘の音を報告してしかられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かねのね【鐘の音】
狂言の曲名太郎冠者狂言。成長した息子の元服に際し,黄金作りのを差させてやろうと思った主人が,太郎冠者に,鎌倉へ行き〈金(かね)の値(ね)〉をきいてこいと命ずる。太郎冠者はそれを〈鐘の音(ね)〉と勘違いして,鎌倉の寺々をめぐり歩き,鐘楼堂の鐘をついて音色を聞きくらべてくる。帰宅してそのを主人に報告し,主人に叱責されるが,即興的に鎌倉の寺々を回った様子を謡い舞って機嫌をとり結ぶ。各流にあり,シテは太郎冠者だが,大蔵流台本ではアドに主人と仲裁人が登場するのに対し,和泉流では主人だけ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

鐘の音
かねのね

狂言の曲名。太郎冠者(かじゃ)狂言。主人は太郎冠者(シテ)に鎌倉へ行って金(かね)の値(ね)を聞いてこいと命じる。金の値を鐘の音と聞き違えた太郎冠者は、鎌倉に着くと有名な寺々を回り、それぞれ鐘をついて音のぐあいを確かめる。建長寺の鐘がもっとも冴(さ)えたよい音だったので、急ぎ帰って主人にその旨を報告する。あきれた主人は役たたずの太郎冠者に腹をたて、追い出すが、仲裁人のとりなしで、太郎冠者は主人の機嫌を直そうと、鐘の音を聞いて回ったようすを即興で謡い舞ってみせ、主人にしかられて終曲する。以上は大蔵流の筋で、和泉(いずみ)流では仲裁人は出ない。寺々の鐘の音を擬音で演じ分けるところが見どころで、擬音を役者の声で表現する狂言演技の特色が十分活用されている。

[林 和利]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鐘の音」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鐘の音の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.