Rakuten infoseek

辞書

鏡板【かがみいた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鏡板
かがみいた
鏡のように平らな (かまち) や額縁などに入れ,天井,壁,建具などに用いる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鏡板
かがみいた
能舞台の正面奥の羽目板。正面に大きく老松を,右側面に若竹を描いたもの。松羽目ともいう。歌舞伎の能懸りの舞台のうしろの飾り板も同じ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鏡板
かがみいた
馬具の1種。 (くつわ) の一部で,馬銜 (はみ。喰) の両端につける金具。板状のものと棒状のものがある。北方騎馬民族の影響のある中国,漢代のものなどは後者で,日本のものは前者に属する。鉄製,金銅張り,銀製などがあるが,実用と装飾用があったと思われる。日本ではこの形式によって轡の名称とし,S字形轡 (奈良時代以降) ,十文字轡杏葉 (ぎょうよう) 轡,鏡轡 (平安~室町時代) ,透かし轡 (室町時代以降) などが盛行した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かがみ‐いた【鏡板】
壁・天井などに張る、平らで滑らかな一枚板。
能舞台の後方正面の羽目板。ふつう、大きく1本の老松を描く。
轡(くつわ)の部分の名。はみの両端に付いて馬の口脇をおさえる金具。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

能楽事典

鏡板
老松が大きく描かれている。背景というよりも舞台の一部というべきでしょうか。松羽目という言葉は歌舞伎の用語で、能では使いません。

出典:社団法人能楽協会

世界大百科事典 第2版

かがみいた【鏡板】
馬の口にはませる(はみ)は,その両側に引手をつけ手綱によって引くので左右にずれやすい。銜が左右に動くのをとめ,かつ(くつわ)を面繫(おもがい)に取り付ける役目を果たすのが板である。中国では鑣(ひよう)という。鏡板という名称は,平安時代に轡につけた無文円板を〈鏡〉と形容したことに由来するが,同じ機能をもつものには同一の名称を与える方が混乱が少ないので,棒状鏡板あるいは素環鏡板などと,語の本来の意味とは矛盾した名称を用いている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かがみいた【鏡板】
かまちや格縁ごうぶちなどの間にはめ込んだ平滑な板。建具・天井・壁などに用いる。
能舞台正面の老松を描いた羽目板。右側面の若竹を描いた羽目板を脇鏡板ともいう。 → 能舞台
歌舞伎の舞台で、能舞台をまねた時、その正面に張る松を描いた羽目板。松羽目まつばめ
くつわで、馬銜はみが口から外れないように、その両端につける金属の板。 →

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鏡板」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鏡板の関連情報

他サービスで検索

「鏡板」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.