Rakuten infoseek

辞書

鏡の間【かがみのま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鏡の間
かがみのま
能舞台に向って左側,橋懸り突当り揚幕 (あげまく) の奥の板敷の特殊な部屋。大きな姿見が備えてあり,舞台と楽屋に位置する。装束の着付を終えた役者や囃子方がここで出を待つ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かがみ‐の‐ま【鏡の間】
能舞台で、橋懸かりの奥の揚げ幕のすぐ内にある板敷きの部屋。姿見を置き、役者は登場直前にここで面(おもて)をつけ、気を統一する。
江戸時代、歌舞伎舞台で大臣柱と大臣柱の間の本舞台になるところ。
四方に鏡を張りめぐらしてある部屋。
鏡の回廊

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

能楽事典

鏡の間
揚幕の奥にある大きな鏡を備えた部屋のことで、演者が最終的な身支度をする神聖な場です。面もここでつけたり、はずしたりします。

出典:社団法人能楽協会

世界大百科事典 第2版

かがみのま【鏡の間】
能舞台の一部。橋掛りの突き当り,揚幕の奥,楽屋とのあいだに位置する板敷きの部屋。大きな姿見の鏡が備えつけてあり,諸役は楽屋で装束を付け終えると鏡の間の鏡に向かい,姿をととのえ,心をしずめて登場を待つ。とくにシテは鏡の前で床几にかけ,ここで面(おもて)をつける。お調べと称し,囃子方が出演前に一定の奏法で音色の調子を合わせるのも鏡の間で行う。また,《》上演の前には,鏡の間に祭壇を設け,いわゆる翁飾りをしつらえ,全役が集まり,お調べのあと杯事(さかずきごと)を行う。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

かがみのま【鏡の間】
能舞台の楽屋から橋懸かりへ通じる途中にある板張りの部屋。大きな姿見の鏡があり、楽屋で扮装を整えた出演者がここで面をかけ、精神を統一する。 → 能舞台
初期の歌舞伎舞台で、大臣柱のあるところ。
四方の壁に鏡を張りめぐらしてある部屋。特に、ベルサイユ宮殿のその部屋。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鏡の間」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鏡の間の関連情報

他サービスで検索

「鏡の間」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.