Rakuten infoseek

辞書

鏑矢【かぶらや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鏑矢
かぶらや
鏑 (鳴鏑) は柄 (やがら) の先の (やじり) につける道具。木,竹または角でつくり,かぶら (蕪) の形に似た長円形で,中を空洞にし,3~8個の穴をあけ,矢を射ると穴が風を切って鳴り,その響きによって相手を射すくめるもの。雁股 (かりまた) ,鏃につけた矢を鏑矢また鳴鏑矢という。野矢の一種。古墳時代中期以降に現れた。『古事記』『万葉集』に「比米加夫良」「鳴鏑」の名がみえる。嚆矢 (こうし) ,鳴箭 (めいせん) ともいう。 (→ )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かぶら‐や【×鏑矢】
をつけた矢。射ると大きな音響を発して飛ぶ。狩猟用の野矢の一種。軍陣の箙(えびら)には上差(うわざし)として差し添えた。鳴り鏑矢。鳴り矢。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かぶらや【鏑矢】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かぶらや【鏑矢】
鏑をつけた矢。普通は、雁股かりまた・平根ひらねなど大形の鏃やじりをつけた上差しの矢に用いる。鳴り矢。鳴り鏑。鏑。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鏑矢
かぶらや
矢の一種、(の)(矢幹)の先に球形状の木または鹿(しか)の角を中空とし、前方に数個の孔(あな)をうがった鏑というものをつけた矢。これが飛翔(ひしょう)すると孔に風を受け鋭い音響を発する。その形が蕪(かぶら)に似ていることから蕪矢とも、また音を発することから鳴鏑(なりかぶら)、鳴矢(なりや)、鳴鏑矢(なりかぶらや)、響矢(なりや)、嚆矢(こうし)とも書くことがある。その作り方は矢束を通常よりやや長めとし、筈(はず)(ぬた)筈、矢羽は四立(四枚羽)、鏑の先に走り羽と直角になるように雁股(かりまた)を割根(わりね)にすげる。笠懸(かさがけ)や犬追物(いぬおうもの)には、鏃(やじり)をつけない鏑の一種である蟇目(ひきめ)(引目)を用いた。嚆矢が開戦の合図を意味したように鏑矢は古く北方アジア騎馬民族が信号用として使用していたらしい。日本でも古墳からの発掘品や正倉院宝物にこれが残されており、源平の合戦描写にもしばしば使用する場面が描かれている。[入江康平]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かぶら‐や【鏑矢】
〘名〙 矢の一種。矢の先に鏑(かぶら)をつけ、その先に鏃(やじり)をつけたもので、射ると鏑の穴から空気がはいって大きな音響を発して飛ぶ。普通矢柄(やがら)に白篦(しらの)を用い、征矢(そや)・的矢などより太く長く、節筈(ふしはず)とし、羽は四立(よつたて)、鏑の先には狩股の鏃をつける。上差(うわざ)しとして箙(えびら)の前面に差し、矢合せなどに用いた。かぶら。鳴り鏑矢。鳴り矢。
※今昔(1120頃か)一六「女の音(こゑ)を不為(せ)ねば、蕪箭(カブラヤ)を以て射たれば、笠の上を射つるに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鏑矢」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鏑矢の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.