Rakuten infoseek

辞書

【シズ】

デジタル大辞泉

しず〔しづ〕【鎮】
おもり。おもし。
「結びめ後に綷目(くけめ)のすみに鉛の―を入れ」〈浮・一代男・四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちん【鎮】
重いものでおさえること。また、そのもの。おもし。
奈良・平安初期、寺務を統轄した僧職。三綱(さんごう)上位で、大・中・少の別があった。
中国で、
北魏以降、軍団駐屯させた軍事・経済上の要地の称。また、その軍団の称。
代以降、に属する地方の小都市の称。「武漢三

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちん【鎮〔鎭〕】[漢字項目]
常用漢字] [音]チン(呉)(漢) [訓]しずめる しずまる
押さえて安定させる。しずめる。しずまる。「鎮圧鎮火鎮護鎮魂鎮座鎮静鎮痛
おもし。押さえ。「重鎮風鎮文鎮
中国で、地方の都市。「郷鎮・武漢三鎮
[名のり]おさむ・しげ・しず・しん・たね・つね・なか・まさ・まもる・やす・やすし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

中国の末端行政単位。人民政府と、議会にあたる人民代表大会が置かれる。人民代表住民の直接選挙で選ばれ、鎮長は同大会で選出されるが、実際には共産党委員会が絶対的な指導を行う。党書記は上位の党委員会が任命するところがほとんど。行政区画上、鎮の上部に県や県レベルの市がおかれ、鎮の歳入の多くが県や市から支出される。鎮の下には村がおかれ、自治組織として村民委員会がある。
(2006-01-19 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

世界大百科事典 第2版

ちん【鎮】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しず【鎮】
おもり。重し。鎮子ちんし絵草紙に-おく店や春の風/井華集

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちん【鎮】
上に置いて押さえる物。重し。
古代に法華寺などのいくつかの寺において、三綱の上にあって一寺を統轄する僧職の名称。寺鎮。
中国で、都市の意。 武漢三-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しず しづ【鎮】
〘名〙
① おもり。おもし。鎮子(ちんし)
※浮世草子・好色一代男(1682)四「帯はむらさきのつれ左巻、結びめ後に綷目(くけめ)のすみに鉛のしづを入」
② 恩愛の情が重いこと。きずな。しがらみ。
※歌舞伎・花雲佐倉曙(1852)宗五郎住家の場「お尋者の宗五郎〈略〉妻子のしづに引かされて、戻り居ったに違ひ無い」
③ 上方で、役者に花輪、引幕、幟などを贈るときに添える祝儀。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しずめ しづめ【鎮】
〘名〙 (動詞「しずめる(鎮)」の連用形の名詞化)
① しずめること。鎮圧すること。
② 人を制し治める偉大な力をもっていること。おもし。おさえ。鎮護。
※書紀(720)神功摂政前九月(北野本南北朝期訓)「和魂(にきみたま)を請(ね)きて王船(みふね)の鎮(シツメ)と為(す)
③ 物が動いたり舞い上ったりしないように押えること。また、そのためのおもし。
※玉塵抄(1563)一九「帷帳のすそに犀を作てつけてをくぞ〈略〉しづめにをしにする心ぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しずもり しづもり【鎮】
〘名〙 (動詞「しずもる(鎮)」の連用形の名詞化) しずまっていること。しずけさ。
※露芝(1921)〈久保田万太郎〉四「風のやんだあとのしづもりに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちん【鎮】
〘名〙
① おさえしずめること。やすんじること。また、そのもの。まもり。鎮護。鎮撫。
※続日本紀‐養老六年(722)閏四月乙丑「鎮無儲粮、何堪固守、募民出穀」 〔詩経箋‐大雅・韓奕〕
② 重いものでおさえること。おさえ。おもし。
※続春夏秋冬(1906‐07)〈河東碧梧桐選〉夏「蚊帳の鎮四つ紅ぞ見ゆるなり〈得川〉」 〔楚辞‐九歌・湘夫人〕
④ 奈良・平安時代初期、諸寺におかれて寺務を総理する僧職。三綱の上位に位し、大・中・少鎮があり、別当と共通する性質をもつ。尼寺に多く見られる。
※続日本紀‐天平勝宝八年(756)五月丁丑「又和上鑒真・小僧都良弁、華厳講師慈訓、大唐僧法進、法華寺鎮慶俊、或学業優富、或戒律清浄、堪聖代之鎮護、為玄徒之領袖
⑤ 新築した建物の梁(はり)、天井などの上に鎮護を祈って置くお守り札。
※春記‐長久元年(1040)一二月一〇日「右衛門督殿初渡給寝殿日也〈略〉戌剋置鎮於梁上并組入上
⑥ 中国、北魏以降、軍隊を駐屯させて守備や治安にあたる地、またはその軍団に付した名称。〔晉書‐宗室伝・司馬休之〕
⑦ 中国、唐末五代、節度使が部下の武人を遣わし民政・軍政をつかさどらせた経済上の要地で、宋以降は県に属する小都市。転じて、商業の盛んな大きな町。→草市。〔事物紀原‐州郡方城部・鎮〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちん‐・ずる【鎮】
〘他サ変〙 ちん・ず 〘他サ変〙 騒ぎや悪霊などをしずめて平穏にさせる。おさめる。しずめる。
※続日本紀‐神亀元年(724)五月壬午「従五位上小野朝臣牛養為鎮狄将軍、令出羽蝦狄

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちん‐・ず【鎮】
〘他サ変〙 ⇒ちんずる(鎮)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版


ちん
宋代以後,県に所属する小都市に与えられた名称
もともと鎮は,北魏 (ほくぎ) のときから州県に駐屯 (ちゆうとん) する軍団に付けられた名称であった。唐末期・五代には,節度使が管内の要地に自己の腹心鎮将として駐屯させ,警察裁判徴税などを行わせたが,その駐屯地または支配圏が鎮と呼ばれた。しかし宋になると,鎮将の権力が奪われ,県の下でとともに地方の一行政区画となり,郷が農村をさすのに対し,小商工業都市を意味するようになった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鎮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.