Rakuten infoseek

辞書

鎮西【ちんぜい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鎮西
ちんぜい
佐賀県北部,唐津市北部の旧町域。東松浦半島北西に位置し,沖合いの加唐島馬渡島などを含む。 1956年名護屋村と打上村が合体して町制。 2005年唐津市,相知町,北波多村,厳木町,浜玉町,肥前町,呼子町と合体し唐津市となる。中心集落の名護屋は天正 19 (1591) ~20年豊臣秀吉が朝鮮出兵の際に築城し,本営としたところで,台地上の名護屋城跡および陣跡は国の特別史跡に指定。 1993年県立名護屋城博物館が開設された。農村部では野菜,タバコ,ミカン栽培,台地では畜産が行なわれる。沿岸部は漁業基地で,県栽培漁業センターがある。波戸岬には海中展望塔,海水浴場などがあり,周辺は観光リゾート地となっている。広沢寺ソテツは国の天然記念物。海岸付近と島嶼部は玄海国定公園に属する。 1967年呼子-名護屋間に名護屋大橋が完成。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鎮西
ちんぜい
九州のこと。天平 14 (742) 年1月筑紫におかれていた大宰府が廃され,翌年 12月鎮西府がおかれた。同 17年6月再び大宰府が復活したが,鎮西府と称され,鎮西は九州別称として平安時代末期から鎌倉時代にかけて用いられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちん‐ぜい【鎮西】
九州異称。天平15年(743)大宰府を一時鎮西府と称したところからいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちんぜい【鎮西】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちんぜい【鎮西】
大宰府を鎮西府といったことから 九州の称。 為朝幼少より-に居住つかまつりて/保元

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちんぜい【鎮西】
佐賀県北西部、唐津市の地名。東松浦半島北部で、古くは大陸への要地。名護屋城址がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちん‐ぜい【鎮西】
(天平一五年(七四三)に、大宰府を一時「鎮西府」と改称したところからいう) 九州の別称。
※小右記‐長和二年(1013)七月一九日「此男本伊賀国者也、而去其国住筑紫、自鎮西参上、為之如何」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鎮西」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鎮西の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.