Rakuten infoseek

辞書

鎮座【チンザ】

デジタル大辞泉

ちん‐ざ【鎮座】
[名](スル)
神霊が一定の場所にしずまっていること。「天照大神(あまてらすおおみかみ)の鎮座する社(やしろ)」
人や物がどっしりと場所を占めていることを、多少揶揄(やゆ)の気持ちを込めていう語。「大きなテレビが床の間に鎮座している」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちんざ【鎮座】
スル
神霊がある場所にしずまりとどまっていること。 二柱の神が-する
どっかりと場所を占めていること。からかっていう場合に用いる。 顔の真ん中に-する大きな鼻

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちん‐ざ【鎮座】
〘名〙
① 神霊が一定の場所にしずまりとどまること。
※観心寺文書‐承和四年(837)三月三日観心寺縁起実録帳案「式訪伝来鎮座之因由、和尚艤帰船、凌万里浪之時、乳水涌海上、甘露溢潮中、凝奇異思、尋彼源流」
② 転じて、どっかりとすわっていること。人や物がどっしりと場を占めていることをからかっていう。
※浄瑠璃・淀鯉出世滝徳(1709頃)下「ヤア藤さまいつからここに御ちんざ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鎮座」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鎮座の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.