Rakuten infoseek

辞書

鎮守の森【チンジュノモリ】

デジタル大辞泉

ちんじゅ‐の‐もり【鎮守の森】
鎮守の社の境内にある

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちんじゅのもり【鎮守の森】
村落を中心としたような一区域を鎮め守る神社の境内にある森。日本では普通村落の中や外れに鎮守の社があるが,そこは村落の主要な行事のための集いの場でもある。この神社には森林が存在するのが普通で,それには,神社の風致を維持するため,また社の修理や改修の用材確保のためなどの目的がある。神社の性格からみて大規模なものは少ない。暖帯低地では,クスノキカシシイなどが多く,また全般にマツもみられる。普通,スギ,ヒノキを主とした林が多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ちんじゅ【鎮守】 の=森(もり)[=杜(もり)
その土地の守護神をまつった神社を取り囲む木立(こだ)ち。または、木立ちに囲まれたその社域全体。
※重右衛門の最後(1902)〈田山花袋〉七「燃えて居るのは丁度鎮守の森の東表に向った、大きな家で」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鎮守の森」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鎮守の森の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.