Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

【よろい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


よろい
armor
甲冑のうち体に着装するものをさし,甲とも書く。古くは籐や皮革のものが推定できるが,確実な資料は金属製になってからである。板状のものを人体形につくり上げた板甲と,小片を綴り合せた札甲とに大別される。時代,地域,用途などによって各種のものがある。 (→大鎧 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がい【鎧】[漢字項目]
人名用漢字] [音]ガイ(慣) [訓]よろい よろう
体をおおい守る武具。よろい。「鎧袖(がいしゅう)一触

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よろい〔よろひ〕【×鎧/甲】
《動詞「よろ(鎧)う」の連用形から》
着用して身体を被護する武具。被護部分により、頸甲(くびよろい)・肩甲・胸甲・膝甲(ひざよろい)などという。
胴から大腿部(だいたいぶ)にかけて被護する武具の総称。短甲(たんこう)挂甲(けいこう)大鎧(おおよろい)腹巻き胴丸腹当ての類。
特に、大鎧のこと。
鎧形(よろいがた)」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

 体を守る防具のことです。防具全部を言う場合もありますが、胴を守るものだけを言う場合もあります。巻[はらまき]も鎧の一種です。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よろい【鎧】
戦闘の際の防御具のひとつ。大鎧の俗称。また大鎧,胴丸腹巻当世具足(とうせいぐそく)などをふくめた総称でもある。広義の鎧(甲)の発達史については〈甲冑〉のにゆずり,ここでは大鎧について述べる。 大鎧は着長(きせなが),式正鎧(しきしようのよろい)ともいう。もっぱら武将が着用した晴れの第一武装で,その威容は整った特色を示している。大鎧の起源は上古奈良時代に行われた挂甲(けいこう)をもとにするもので,平安時代前期に武士が興るとともに発達した騎馬での射戦に適応するよう,実用と意匠両面において日本独特の発展をとげた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


よろい

武具の一つ。甲・介とも書く。おもに戦陣において、敵の放つ矢や刀・長刀などの攻撃から身体各部を掩護(えんご)するために着用したもので、胴甲(どうこう)を中心とする諸具足(しょぐそく)の名称であった。頭にかぶる兜(かぶと)とあわせて甲冑(かっちゅう)という。平安後期、武士階級の勃興(ぼっこう)とともに、10世紀に日本の代表的な鎧として完成をみた大鎧(おおよろい)は、騎射戦に対する甲冑として上級武士の間に盛行をみたが、南北朝の争乱を経て、白兵集団戦が戦闘の主体となると、馬側(ばそく)の下卒(かそつ)たちの武具であった軽装の胴丸(どうまる)や腹巻(はらまき)が武将の間にも用いられるようになった。16世紀の中ごろ西洋甲冑の影響を受けて、当世具足(とうせいぐそく)が用いられるようになり、大鎧は儀礼的な装具と化し、安土(あづち)桃山時代以降一時廃絶状態に陥った。

[渡邉一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よろ・う よろふ【鎧】
〘他ワ五(ハ四)〙
① 鎧を着る。甲冑を身につける。
※平家(13C前)二「太政大臣の官に至る人の甲冑をよろふ事、礼義を背くにあらずや」
※ぎやどぺかどる(1599)下「淫欲の弓矢にをひて 如此の観念をなし 堅固に鎧ひ防ぐべき事」
② かたいものなどで表面をおおう。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉秋「白緑色に塗られた鉄格子の扉と、鉄鋲の一面に鎧(ヨロ)はれた欅の扉とで二重にハタと閉されて」
③ (比喩的に用いて) 自分の世界などを外部から守るために、近づきがたい態度をとる。
※黒い眼と茶色の目(1914)〈徳富蘆花〉一「四十年の閲歴で鎧(ヨロ)ふた此頑強な老婢には」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鎧の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.