Rakuten infoseek

辞書

鎌倉公方【かまくらくぼう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鎌倉公方
かまくらくぼう
室町幕府が設置した鎌倉府の首長。鎌倉殿鎌倉御所関東公方関東御所ともいう。足利尊氏の二男足利基氏が正平4=貞和5 (1349) 年主として関東支配のために鎌倉に移ったのに始まる。その後足利氏満足利満兼足利持氏足利成氏世襲され,康正1 (1455) 年成氏が古河 (が) に移るまで続いた。 (→古河公方 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かまくら‐くぼう〔‐クバウ〕【鎌倉公方】
室町時代、鎌倉府において関東8か国と伊豆甲斐を合わせた10か国を支配した足利(あしかが)氏の称。基氏から、成氏(しげうじ)古河(こが)に移るまで代々世襲した。関東公方。鎌倉御所。鎌倉殿。→鎌倉府

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かまくらくぼう【鎌倉公方】
室町幕府による東国支配のために鎌倉に置かれた政庁である鎌倉府の長官。関東公方(くぼう)ともいう。足利氏の東国支配は,1333年(元弘3)12月建武政権下で足利直義が〈関東十ヵ国〉(相模,武蔵,上野,下野,上総,下総,安房常陸,伊豆,甲斐)の支配をゆだねられ後醍醐天皇の皇子成良親王を奉じて鎌倉に入ったことにはじまる(鎌倉将軍府)。足利尊氏は,36年(延元1∥建武3)11月京都に幕府を開いたが,その嫡子義詮を鎌倉にとどめ,これを〈鎌倉御所(鎌倉公方)〉とし,そのもとに関東管領を配置して東国の政治一般にあたらせた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かまくらくぼう【鎌倉公方】
室町時代、鎌倉府の長官として関東を支配した足利氏の称。1349年に足利尊氏の二男基氏が任じられて以来、代々その子孫が世襲。永享の乱で衰え、1455年成氏が幕府にそむき古河に移ってから古河公方と称し、幕府からの堀越公方に対立した。関東公方。鎌倉御所。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鎌倉公方
かまくらくぼう
室町幕府の職名。関東公方ともいい、幕府の地方行政機関である鎌倉府を統轄した。初め足利尊氏(あしかがたかうじ)の嫡子義詮(よしあきら)が鎌倉に着任し統治していたが、1349年(正平4・貞和5)義詮の弟基氏(もとうじ)が、いわゆる鎌倉公方に就任し、以後その子孫(氏満(うじみつ)、満兼(みつかね)、持氏(もちうじ))がこの職を世襲した。歴代の公方とも将軍への対抗意識が強く、また鎌倉府の領国に対する主要な権限を幕府に握られていたため、その争奪をめぐってしばしば争いを繰り返していた。持氏の代になると、それに加えて将軍義持(よしもち)の継嗣(けいし)に選ばれなかったこともあり、新将軍義教(よしのり)への不満を公然と表した。そのため幕府の追討を受けることとなり、持氏は敗死し鎌倉公方は一時とぎれた(永享(えいきょう)の乱)。ついで鎌倉府家臣らの要請で持氏の子成氏(しげうじ)が公方に就任したが、関東管領(かんれい)上杉憲忠(のりただ)を殺害した結果、幕府の追討を受け、成氏は1455年(康正1)下総古河(しもうさこが)(茨城県古河市)に根拠地を移した。以後成氏とその子孫は古河公方と称するようになり、鎌倉公方の名称は消滅した。[小要 博]
『渡辺世祐著『関東中心足利時代之研究』(1971・新人物往来社) ▽『神奈川県史 通史編1 原始・古代・中世』(1981・財団法人神奈川県弘済会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かまくら‐くぼう ‥クバウ【鎌倉公方】
〘名〙 室町時代、鎌倉府で関東八か国(武蔵・相模・下総・上総・安房・常陸・上野・下野)と伊豆・甲斐を合わせた一〇か国(一時は陸奥・出羽も含む)を支配した足利氏の称。貞和五年(一三四九)尊氏の子基氏が兄義詮(よしあきら)にかわって鎌倉にはいってから、その子孫が世襲した。持氏の代に永享の乱によって衰退。康正元年(一四五五)、その子成氏(しげうじ)が下総古河に移ってからは古河公方と称して、関東に下向して堀越公方と称した将軍義政の弟政知(まさとも)と対立した。関東公方。鎌倉殿。鎌倉御所。関東管領。かまくらおおやけがた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

鎌倉公方
かまくらくぼう
室町時代,鎌倉府の長官
鎌倉御所・鎌倉殿ともいう。1349年足利尊氏の4男基氏が,兄義詮 (よしあきら) の上洛後,関東の主として鎌倉に入ってから,以後その子孫が世襲し,1455年成氏が古河 (こが) に移るまでの鎌倉府の長官をいう。また執事の上杉氏を関東管領とした。成氏からは古河公方という。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鎌倉公方」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鎌倉公方の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.