Rakuten infoseek

辞書

鋼船【こうせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鋼船
こうせん
steel ship
鋼材で造った。船は造船技術の進歩に伴って木造船から木鉄交造船鉄船,さらに製鋼法の発明と改善によって鋼船へと推移してきたが,現在の大型船は鋼船が一般的で,タービン機関やディーゼル機関を推進力としている。 1868年イギリスのロイド船級協会 (→ロイズ船級 ) は鋼船を建造するための規則を発表,鉄より材料強度がすぐれている鋼を,鉄より2割方少い厚みでよいと認めた。 73年フランスが初めて鋼製軍艦『ルドータブル』号を建造。 79年イギリスで最初の鋼航洋汽船『ロトマハ』号が,また日本でも,90年長崎造船所で鋼船『筑後川丸』が進水した。現在は小型船以外は,ほとんど鋼船となっている。その後,造船業と船主による研究が進み,鋼船の貨物積載能力が木船,鉄船と比べて飛躍的に伸びた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐せん〔カウ‐〕【鋼船】
船体の構造の主要部分を鋼鉄で造った船。鋼鉄船。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうせん【鋼船 steel ship】
船殻の主要構造の材料に鋼材を用いた船。鉄材を用いる鉄船iron shipとは区別される。1783年H.コートにより新しい製鉄法が発明されて以来,鉄材が船体用材料として部分的に使用されるようになり,1821年には最初の鉄製汽船アーロン・マンビー号が建造された。当初は鉄で船を造ることに不安ももたれたが,木船に比べ船体の大型化,船殻重量の軽減,有効な構造法,長寿命化が可能なためしだいに鉄船の建造が盛んになり,43年には排水量3618トンのグレート・ブリテン号,さらに58年には総トン数1万8915トンという,当時としては異例の大型のグレート・イースタン号が建造された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

鋼船
こうせん
船体の主要構造を鋼材(軟鋼)でつくった船。長い木船の時代ののち、鉄船に次いで19世紀後半から鋼船が出現し、20世紀に入って完全に鋼船の時代となった。鋼材の使用によって木船よりはるかに大型化が可能になり、しかも、船全体の重量に対する貨物重量の割合が増し、また船の寿命も延びた。造船技術の発達に加えて、軟鋼より強い高張力鋼が使用可能となったこともあって、載貨重量56万トン、長さ約400メートルまでの船が建造されている。[森田知治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐せん カウ‥【鋼船】
〘名〙 船体の主要構造の材料に鋼を用いた船。鋼鉄船。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鋼船」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鋼船の関連情報

他サービスで検索

「鋼船」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.