Rakuten infoseek

辞書

鋳鉄・鋳鋼【ちゅうてつちゅうこう】

世界大百科事典 第2版

ちゅうてつちゅうこう【鋳鉄・鋳鋼】
鋳鉄cast ironとは銑鋳物(ずく鋳物)用の銑鉄または銑鋳物そのものをいう。炭素3.0~3.6%,ケイ素1~2%,マンガン0.5~1.0%,リン0.3~1.0%,硫黄0.06~0.1%を含む鉄合金で,鋳造しやすく,また切削加工しやすい材料である。炭素は素地のパーライトセメンタイトの構成要素以外に遊離黒鉛として存在する。鋳鉄の組織は急冷するとセメンタイトが大量析出して,顕微鏡組織が白くなるので白銑と呼ばれる状態になるが,冷却速度が小さくなるとセメンタイトが黒鉛と鉄に分解して室温ではフェライトと黒鉛の状態となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

鋳鉄・鋳鋼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鋳鉄・鋳鋼の関連情報

関連キーワード

フルートリン酸鉄荷重構造底痕アイロンソール・マーク葉状キャスト鉄欠乏性貧血エルポグリフ荷重痕

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.