Rakuten infoseek

辞書

鋭利【エイリ】

デジタル大辞泉

えい‐り【鋭利】
[名・形動]
刃物などが鋭く、切れ味のよいこと。また、そのさま。「鋭利な刃物」
才知の鋭いこと。また、そのさま。「鋭利直感

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

えいり【鋭利】
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
刃がするどく、切れ味のよい・こと(さま)。 「 -な刃物」
才気があり、物事に対する洞察がするどく、判断がすばやい・こと(さま)。 「 -な頭脳」
[派生] -さ ( 名 )

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えい‐り【鋭利】
〘名〙 (形動)
① (刃物などが)鋭く、切れ味がよいこと。また、とがっているさま。
※四河入海(17C前)五「剡々は、苗の鋭利なるを云ぞ」
※悪魔(1903)〈国木田独歩〉八「鋭利(エイリ)なる小刃(ナイフ)あり」 〔法苑珠林‐一〕
才気があって鋭いこと。敏感で物の奥まで見抜いたり、的確な判断をすること。また、そのさま。
※明六雑誌‐一七号(1874)知説二〈西周〉「蓋し智の性たる、能庶物に貫徹す。其鋭利錐の如し。苟もかの消極に属するの材に非るよりは人々皆此鋭利の質を具へざるは莫し」
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一九「五感の鋭利(エイリ)に過る者を鈍くし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鋭利」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鋭利の関連情報

他サービスで検索

「鋭利」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.