Rakuten infoseek

辞書

鋏虫/蠼螋【ハサミムシ】

デジタル大辞泉

はさみ‐むし【×鋏虫/蠼螋】
ハサミムシ目オオハサミムシ科の昆虫。ごみの下などにみられ、体長約2センチで黒褐色。翅(はね)はない。尾端にはさみをもち、雄では左右不相称。
ハサミムシ目の昆虫の総称。ハサミムシ・オオハサミムシ・クギヌキハサミムシなどが含まれ、体は細長く、扁平。尾端に突起の変化したはさみがある。革翅(かくし)類。 夏》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

鋏虫 (ハサミムシ)
学名:Anisolabis maritima
動物。オオハサミムシ科の昆虫

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はさみ‐むし【鋏虫】
〘名〙
① ハサミムシ(革)目に属する昆虫の総称体長約四~五センチメートル。体は細長くてやや堅く、前翅は短く硬い。また、まったく翅のないものもいる。幼虫は成虫に似るがはねはない。腹端にはかぎ状のはさみをもち、外敵に対する。体色暗褐色のものが多い。ごみ、石、枯れ葉などの下にすむ。コブハサミムシなどの雌は産卵後、卵が孵化するまで保護する。日本には六科二〇種が分布する。《・夏》
※羅山先生詩集(1662)五七「十二虫〈略〉剪刀蟲(ハサミむし)
② 助平をいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鋏虫/蠼螋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鋏虫/蠼螋の関連情報

他サービスで検索

「鋏虫/蠼螋」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.