Rakuten infoseek

辞書

銅街道【あかがねかいどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

銅街道
あかがねかいどう
群馬県伊勢崎市南東部の平塚と栃木県日光市南西部の足尾とを結ぶ街道。近世以降足尾銅山を運搬するのに利用された。沢入,花輪大間々大原,平塚の5宿が置かれ,銅は平塚河岸から船で利根川下り関宿江戸川を経て江戸へ送られた。明治以後銅の搬出が日光に移り,街道は衰微。大間々には当時の銅蔵が残る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あかがね‐かいどう〔‐カイダウ〕【銅街道】
江戸時代、足尾銅山から産出した銅を運び出した街道。足尾から沢入(そうり)・花輪・大間々(おおまま)・大原を経て平塚(群馬県伊勢崎市)に至る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あかがねかいどう【銅街道】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

銅街道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

銅街道の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.