Rakuten infoseek

辞書

銅拍子【ドビョウシ】

デジタル大辞泉

ど‐びょうし〔‐ビヤウシ〕【銅拍子/土拍子】
打楽器の一。中央が椀状に突起した青銅製の円盤2個を両手に持って打ち合わせるもの。仏教儀式では鐃鈸(にょうはち)、田楽では土拍子神楽などでは手平金(てびらがね)、歌舞伎下座音楽ではチャッパなどとよばれる。銅鈸子(どうばつし)。どうびょうし。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どう‐びょうし〔‐ビヤウシ〕【銅拍子】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どうびょうし【銅拍子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

どうびょうし【銅拍子】
打楽器の一。銅鈸どうばちの小形のもの。直径数センチメートルから20センチメートル 内外で、古くは伎楽・散楽・田楽などの芸能に、現在は民俗芸能などで用いられる。銅鈸子。土拍子どびようし

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どう‐びょうし ‥ビャウシ【銅拍子】
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉十月暦「巫子姿の少女四人が銅拍子(ドウビャウシ)をとれば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ど‐びょうし ‥ビャウシ【銅拍子】
〘名〙 (「とびょうし」とも) 小型の銅鈸(どうばち)。おもに古代芸能・民俗芸能で用いられる。現行の舞楽「迦陵頻」では舞人がこれを手にして舞う。現在の民俗芸能で用いる手平金(てびらがね)、歌舞伎の「ちゃっぱ」はこの系統の楽器。どうびょうし。どんびょうし。銅鈸子。
※色葉字類抄(1177‐81)「銅鈸子 トヒャウシ 鈸即鉢也」
※雑俳・雪の笠(1704)「調拍子も・まばらまばらに夏かぐら」
[語誌]本来「ドウバチシ」〔観智院本名義抄〕と読まれ、仏供養の際の迦陵頻の舞に用いられたが、中世以降「トビャウシ」〔元和本下学集、日葡辞書〕、「ドビャウシ」〔義経物語〕とよばれている。よび方の変化に伴い、「銅拍子」「頓拍子」「土拍子」「調拍子」などと漢字表記もいろいろ見られる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どん‐びょうし ‥ビャウシ【銅拍子】
※十訓抄(1252)七「つづみどんびゃうし取り出でよとて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

銅拍子
どびょうし

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銅拍子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

銅拍子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.