Rakuten infoseek

辞書

銀河【ぎんが】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

銀河
ぎんが
日本海軍の陸上爆撃機。水平爆撃,急降下爆撃,雷撃という3種類の任務を1機でこなせる攻撃機として 1940年に計画され,海軍の技術者が主務者となって設計された。民間技術者でなかったためか,工場での製造には手間がかかった。しかし,高速性能など優れた点も多く,1943年から中島飛行機で量産され,1944年から第一線に投入された。中翼単葉の双発機で,エンジンは (1820馬力) 2,乗員3,全長 20m,全幅 22m,総重量 10.5t,最大速度時速 551km,航続距離約 2000km。武装は 20mm機関砲1,13mm機関銃1,爆弾搭載量 500~1000kg。生産機数 1002機。夜間戦闘機に改造したものを「極光」と呼び,20mm固定砲2門と旋回砲1門を装備していた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銀河
ぎんが
galaxy
恒星星間物質ダークマター暗黒物質)の大集団。銀河系(太陽が属する銀河,天の川銀河)やアンドロメダ銀河などが代表例である。恒星など普通の物質よりも巨大な質量をもつダークマターのハローに囲まれている。質量や大きさは巨大なものから矮小なものまでさまざまであり,数は小さな銀河ほど多い。大きな銀河の質量は 1000億~数千億太陽質量程度,直径は 10万~20万光年ほどである。小さな銀河では数億太陽質量で直径 1万光年と小ぶりなものもある。形は渦状腕をもつ円盤状の渦状銀河渦巻銀河),丸い形の楕円銀河,小さくて暗い矮小銀河などさまざまな形態を示す。銀河は群れをなしている。数個から数十個の銀河の群れが銀河群,数千から数万個の群れが銀河団,それらがさらに集まって超銀河団(→宇宙の大規模構造)をつくる。宇宙全体には数千億の銀河が存在する。銀河の距離を測定し,赤方偏移宇宙の膨張による光の波長の伸び方)と組み合わせることによって,宇宙の構造や,宇宙膨張の加速や減速を知ることができる。銀河系や近傍の銀河は誕生後 100億年以上たった進化の進んだ銀河であるが,赤方偏移が大きく遠い銀河は,光速度が有限なので昔の姿を現している。このような銀河を観測することによって,誕生直後の銀河や銀河の進化を研究することができる。エドウィン・P.ハッブルは写真上での銀河の形態から,銀河を楕円型,レンズ状,渦状,棒渦状,不規則型に大別したが,これら以外の特異銀河や矮小銀河も多い。楕円銀河は見かけの扁平度に従って分類され,渦状銀河や棒渦状銀河は渦状腕の巻きつき方の強弱や中心部の大きさによって細分される。レンズ状銀河は楕円銀河と渦状星雲の中間形態で円盤状をしているが渦状腕をもたない。不規則銀河は規則性のない不定形をしている。矮小銀河は質量,大きさともに小さな銀河をさす。銀河までの距離は大小マゼラン雲のように 15万光年程度の近くから,100億光年以上という遠くまで広がっている。アンドロメダ銀河は,地球からの距離が 210万光年と比較的近い大渦状銀河である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

銀河
恒星と星間物質などからなる大集団。恒星に次ぐ宇宙の最も基本的な構造。典型的なものは、数千億個の恒星と星間物質が、直径数十万光年の範囲に密集している。銀河の質量、大きさは様々で、形から楕円銀河、渦巻き銀河、棒渦巻き銀河、不規則銀河に分類される。これらの構造は、力学的な釣り合いの違いで理解される。太陽が属する銀河が銀河系で、渦巻き銀河の1つ。恒星やガスは円盤状に集中し、直径約10万光年の回転する銀河円盤を作る。銀河円盤の中心にはふくらみ(バルジ)があり、円盤内では、ガスや若い星が集まって渦巻き構造を作る。さらに、銀河円盤を囲んで、球状星団など古い天体が球状に広く分布(ハロー)する。質量の90%以上は、広がった暗黒物質のハローが占めていると考えられる。太陽は、銀河系の中心から約2.8万光年離れた銀河円盤内にある。
(土佐誠 東北大学教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

銀河
東京と大阪を約8時間20分かけて結ぶ全席寝台としてはJR唯一の夜行急行列車。車内販売や個室シャワーなどの施設はなく、座席はすべて2段式寝台。現在は大阪を午後10時22分、東京を同11時に出発し、京都大津米原横浜などに停車する1往復が設定されている。廃止を前に2両増結した8両編成で運行されており、東京―大阪間の金額はA寝台が上段1万9310円、下段2万270円、やや狭いB寝台が上下段とも1万6070円(ともに運賃込み)。
(2008-03-06 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ぎん‐が【銀河】
天の川。地球上から見たときの銀河系天漢銀漢 秋》
銀河系と同等の規模をもつ無数の恒星星間物質からなる集合体。形から、渦巻き銀河棒渦巻き銀河楕円銀河不規則銀河などに分類される。銀河系外星雲。系外銀河。小宇宙。島宇宙

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎんが[人工衛星]
昭和62年(1987)2月に打ち上げられたX線天文衛星ASTRO-C(アストロシー)の愛称。宇宙科学研究所(現JAXA(ジャクサ))がてんまの後継として開発。名称は「銀河」に由来する。高感度のX線望遠鏡全天X線監視装置γ線バースト検出器を搭載。大マゼラン雲に出現した超新星からのX線を捉えることに成功。セイファート銀河からのX線強度の時間変動やクエーサースペクトルの観測を行った。平成3年(1991)11月に運用完了。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎんが【銀河 galaxy】
天の川の意味にも使われるが,天文学の分野においては天の川に象徴されるわれわれの銀河系と同じ形態の恒星の大集団をいう。一般に直径数千光年から数十万光年の大きさの空間内に,100万個から1兆個にも及ぶ恒星と星間物質が密集しているものを指す。その多くは我々の銀河系の外側,はるか遠方にあるために,比較的近距離のマゼラン銀河やアンドロメダ銀河でも,肉眼や小望遠鏡に淡い雲のようにしか映らない。かつてはその見かけによって〈星雲nebula〉として一括されていたが,1925年にE.ハッブルによって〈アンドロメダ星雲〉を含む3個の〈星雲〉にセファイド型変光星が同定され,その距離が算されるに及んで,星雲の一部がわれわれの太陽系を包む巨大な恒星の集りである銀河系の外にあって,銀河系と同等の規模をもつことが明らかになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぎんが【銀河】
児童雑誌。1946年10月~49年8月,新潮社発行。第2次世界大戦後,山本有三を編集顧問に創刊。有三執筆の創刊のことば〈銀河のはじめに〉には,敗戦の中から立ちあがる新生日本の子どもたちに向けて,宇宙の悠久と,真理に生きることの尊さが熱意をこめて語られていた。滑川道夫,高橋健二,吉田甲子太郎らが編集長を務めた。国語国字問題に熱心な有三の主張から,初めは2段横組みを用いたが,読者の支持が得られず,後半は縦組みに改められた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぎんが【銀河】
全天を巡り、天球上に銀の川のように見える光の帯。1609年、ガリレイが無数の星の集団であることを発見。天の川。銀漢。 [季] 秋。
銀河系の外に存在する、広がりをもって観測される天体。渦巻銀河・棒渦巻銀河・楕円銀河などの種類がある。これらは宇宙の構成単位で、銀河系もこの種の天体の中の一個と考えられる。以前は小宇宙、島宇宙、銀河系外星雲といった。アンドロメダ銀河の類。ギャラクシー。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎん‐が【銀河】
〘名〙
① 晴れた夜空に、一筋の雲のようにかかる光の帯で、無数の星や星間物質が集中しているもの。地球からはその面を横から見ることになるので、その中央線は天球上にほぼ大円を描く。天の川。銀漢。銀渚。《・秋》
懐風藻(751)七夕山田三方〉「金漢星楡冷、銀河月桂秋」
※俳諧・本朝文選(1706)五・序類・銀河序〈芭蕉〉「日既に海にで月ほのくらく、銀河半天にかかりて星きらきらと冴たるに」 〔白帖〕
② 銀河系外星雲、小宇宙、島宇宙などの別称

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銀河」の用語解説はコトバンクが提供しています。

銀河の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.