Rakuten infoseek

辞書

銀山【ぎんざん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

銀山
ぎんざん
silver mine
銀を産出する鉱山。銀は通常硫化物として,鉛,亜鉛,銅などとともに産する。ペルーのアンデス山地の銀山は,インカ帝国以来のもので,世界的に有名。そのほかメキシコアメリカカナダ,旧ソ連などに多く,日本では近世初期から多くの銀山が開発された。 1990年の世界の銀鉱の産出量は1万 4600tで,1000t以上の多産国はメキシコ (2500t) ,アメリカ (2000t) ,ペルー (1800t) ,ソ連 (1500t) ,カナダ (1300t) 。また世界の銀鉱埋蔵量は約 42万tで,主要埋蔵国はアメリカ (7万 2000t) ,ソ連 (5万t) ,カナダ (4万 7000t) ,メキシコ (4万t) ,ペルー (3万 7000t) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぎん‐ざん【銀山】
銀を産出する鉱山。銀鉱。
鼠(ねずみ)取りに用いる石見銀山(いわみぎんざん)のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎんざん【銀山】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぎんざん【銀山】
銀を産出する鉱山。
ネズミ取り薬、「石見いわみ銀山」のこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎん‐ざん【銀山】
〘名〙
① 銀を産出する鉱山。銀坑。
※言経卿記‐天正一六年(1588)九月一〇日「早朝に摂州多田郷銀山見物に被行了」 〔神異経‐南荒経〕
② 鼠取り薬、石見(いわみ)銀山のこと。石見国(島根県)邇摩郡の銀山で産する礬石(ばんせき)で作ったもの。
雑俳・柳多留‐一二三(1833)「銀山を叡山の僧やたら買」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銀山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

銀山の関連情報

他サービスで検索

「銀山」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.