Rakuten infoseek

辞書

鉱石鉱物【コウセキコウブツ】

デジタル大辞泉

こうせき‐こうぶつ〔クワウセキクワウブツ〕【鉱石鉱物】
鉱石の中で、採掘選鉱精錬の対象になる鉱物

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

鉱石鉱物
鉱床を形づくる鉱物の中で採掘の対象となる有用鉱物.脈石鉱物(gangue mineral)に対する語.鉑石(はくせき)と呼んだが現在はこの語は使われない.一般に鉱石鉱物は一種類またはそれ以上の金属が得られるもので,多くの鉱石鉱物は方鉛鉱クロム鉄鉱錫石などのように金属光沢を示すが,光沢は基本的なことではない.金,銀,銅,白金など,ある種の鉱石鉱物は自然金属として産出するが,大部分のものは硫黄,酸素,珪素,砒素などとの化合物として産する[Bateman : 1952].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こうせきこうぶつ【鉱石鉱物】
鉱石を構成する有用鉱物。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鉱石鉱物
こうせきこうぶつ
有用物質を抽出する対象となる鉱石を構成する有用鉱物。これに対し、不用鉱物を脈石鉱物という。1種の鉱石鉱物から2種以上の物質が抽出されることもある。[加藤 昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉱石鉱物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鉱石鉱物の関連情報

他サービスで検索

「鉱石鉱物」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.