Rakuten infoseek

辞書

鉛直線【エンチョクセン】

デジタル大辞泉

えんちょく‐せん【鉛直線】
おもりをつけて垂らした糸が示す方向の直線。水平面と直角をなす直線。
あるから、ある直線に対して垂直に引いた線。垂直線

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんちょくせん【鉛直線】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えんちょくせん【鉛直線】
地球表面のある点において、その点を通る重力の方向を示す線。 ⇔ 水平線
垂直線に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鉛直線
えんちょくせん
重力の作用する方向を示す直線をその地点の鉛直線という。直観的には、おもりを下げて静止させた糸のつくる線であると考えてよい。厳密にいうと、鉛直線は直線ではなく、わずかに曲がっており、正確な表現では、「あらゆる点での接線がその点の重力方向と一致する曲線」ということになる。鉛直線の向きは主として地球の引力と地球自転の遠心力との合力の向きとして決まるが、月や太陽の引力の影響でわずかに周期的な変化をする。[長沢 工]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えんちょく‐せん【鉛直線】
〘名〙
① 物理学で、重力の方向を示す直線。すなわち、物体をつりさげた糸の示す方向の直線。水平面と垂直をなす直線。
※小学読本(1873)〈田中義廉〉四「地球の中心に対したる線を、縦線又は鉛直線といふ」
② 一点から、ある直線・平面に対して垂直な方向に引いた直線。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉛直線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鉛直線の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.