Rakuten infoseek

辞書

鉛直線偏差【エンチョクセンヘンサ】

デジタル大辞泉

えんちょくせん‐へんさ【鉛直線偏差】
地球上のある地点の実際の鉛直線と、その点を通る仮想の地球楕円体に立てた法線とのなす角。ジオイドの形や地下構造を知る手がかりとなる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんちょくせんへんさ【鉛直線偏差 deflection of the vertical】
おもりを下げて静止させた糸の方向を鉛直線といい,それがその地点の上下方向を決める。一方,地図を作るときは,地球の形として適当な地球楕円体を決め,各地点をその上に投影するのが通常である。この場合には,その楕円体の表面に立てた法線をその地点の上下方向としている。こうして決めた2種類の上下方向は一致しないのがふつうで,その差を鉛直線偏差という。鉛直線は重力の向きであって,物理的に決まり,地球内部の物質の密度分布の影響を受ける。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えんちょくせんへんさ【鉛直線偏差】
地球上の実際の鉛直線の方向と、地球を均質な回転楕円体とみたときの法線の方向との差。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉛直線偏差」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鉛直線偏差の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.