Rakuten infoseek

辞書

鉄鋼の変態【てっこうのへんたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鉄鋼の変態
てっこうのへんたい
transformation of steel
鉄鋼 (すなわち鉄の合金) の相状態が,温度および合金成分の種類と量によって種々に変ること (→同素変態 ) 。純鉄は固体でキュリー点 (磁気転移点) A2 (788℃) ,同素変態点 A3 (906℃,α⇔γ ) および A4 (1404℃,γ⇔δ ) をもつ。 A3 点以下および A4 点以上で安定なα相とδ相は同じ体心立方晶でフェライト,その中間温度区間で安定なγ相は面心立方晶でオーステナイトという。β相がないのは,20世紀初めまでは磁気転移と同素変態が区別されず,A2 から A3 までの常磁性鉄をβ鉄と呼んでいたが,ギリシア文字による表示を同素体に限ることになったためである。上記のほか炭素鋼ではセメンタイトのキュリー点 A0 (215℃) およびオーステナイトの共析変態点 A1 (721℃) が組成に関係なく一定温度で現れる。変態点の記号A はフランスの金属学者 F.オスモンによるもので,フランス語の acier (鋼) の頭文字である。また同素変態,共析変態は固体内変化であるため加熱時と冷却時で差があり,これもそれぞれフランス語の chauffage (加熱) ,refroidissiement (冷却) によって Ac1 ,Ar1 のように表わす。マルテンサイト変態の開始・終了点は Ms ,Mf と記すが,s ,f は start ,finish の頭文字である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉄鋼の変態」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鉄鋼の変態の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.