Rakuten infoseek

辞書

鉄線【テッセン】

デジタル大辞泉

てっ‐せん【鉄線】
鉄の針金。鉄条。「有刺鉄線
キンポウゲ科の落葉蔓(つる)植物。茎は細く堅い。葉は卵形の小葉からなる複葉。夏、白または紫色で花びら状の萼(がく)を6枚もつ大形の花を開く。中国の原産で、古く日本に渡来し、観賞用に栽培される。クレマチス。鉄線蓮。鉄線花。
紋所の名。2の花を図案化したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てっせん【鉄線】
針金。 有刺-
キンポウゲ科のつる性の木質多年草。中国原産。クレマチス属の代表種で、日本には寛文年間(1661~1673)に渡来し、観賞用に栽培される。茎は細く長く伸び、羽状複葉を対生。初夏、葉腋苞葉一対がある花柄を出し、径約8センチメートルの花を上向きに平開する。萼片は花弁状で六個あり、白色または帯紫色。 鉄線花は [季]

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

鉄線 (テッセン)
学名:Clematis florida
植物。キンポウゲ科の落葉木質つる植物,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てっ‐せん【鉄線】
〘名〙
① 鉄を細長く伸ばして線状にしたもの。また、はりがね。
※航米日録(1860)四「二分許の鉄線に接続して屋上に貫く是除雷の為め設ると云ふ」
※西京繁昌記(1877)〈増山守正〉初「若し鉄線と銅片とを以て相連ぬれば、電気自ら鉄線の間に伝はり」 〔種樹書‐果〕
② 特に、鉄道の線路をいう。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉外「鉄道の改革を始め鉄線を太くし軌道の幅を定め」
③ キンポウゲ科の落葉性つる植物。中国原産で、観賞用として栽植される。葉は一~二回三出の羽状複葉で対生し、長い葉柄で他物に巻きつく。各小葉は卵状披針形で長さ二~四センチメートル。初夏、葉腋から長い花柄をのばし白または紫色の花を単生する。花は径五~八センチメートル。片は六枚で花弁状。雄しべは暗紫色。漢方では根を威霊仙(いれいせん)といい、痛風薬に用いる。漢名、鉄線蓮。鉄線葛。《季・夏》
※俳諧・山の井(1648)夏「夏草花 芍薬 美人草 一八射干 雁緋 鉄線〈略〉てっせんは花火の花のたぐひかな」
④ 紋所の名。③の花を図案化したもの。鉄線、菊鉄線などがある。
※随筆・山中人饒舌(1813)下「近史人物〈略〉曲折無勢、斡旋無力、与鉄線蘭葉諸描法不同」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉄線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鉄線の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.