Rakuten infoseek

辞書

鈴鹿墨【すずかずみ】

事典 日本の地域ブランド・名産品

鈴鹿墨[文房具]
すずかずみ
東海地方、三重県の地域ブランド。
鈴鹿市で製作されている。平安時代初期、鈴鹿山松脂を燃やしてをとりがつくられたという。現在でも、植物性油煙を原材料として煤とを混合し、昔ながらの製法でつくられる。完成まで約100日間を要する。近年は、絵画用・書道用など用途に合わせた製品がつくられている。1980(昭和55)年10月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴鹿墨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鈴鹿墨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.