Rakuten infoseek

辞書

鈴木啓示【スズキケイシ】

デジタル大辞泉

すずき‐けいし【鈴木啓示】
[1947~ ]プロ野球選手・監督。兵庫の生まれ。昭和40年(1965)近鉄バファローズ入団。2年目から5年連続20勝以上を記録。20年の現役生活で最多勝利3回など、数々のタイトルを獲得。通算317勝、無四球完投試合78試合。引退後、解説者を経て、同球団の監督を務めた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

鈴木啓示 すずき-けいし
1947- 昭和後期-平成時代のプロ野球選手,監督。
昭和22年9月28日生まれ。41年近鉄に入団。左腕からの速球で2年目からエースとして活躍し,20勝以上を8回記録。みずから生き方を「草魂」とよんだ。実働20年,ノーヒットノーラン2回,通算317勝238敗,防御率3.11,完投340,無四球試合78。平成5-7年近鉄監督。14年野球殿堂入り。兵庫県出身。育英高卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鈴木啓示
すずきけいし
(1947― )
プロ野球選手(投手:左投左打)、監督。9月28日、兵庫県生まれ。西脇(にしわき)南中から育英高に進み、1965年(昭和40)春の選抜大会に出場した。同年秋から行われるようになったドラフト制度で近鉄バファローズ(後の大阪近鉄バファローズ)から2位指名を受けて入団した。1年目の1966年に10勝(12敗)をマークすると、15年連続で2桁(けた)勝利をあげたが、そのうち、1967年から1971年までの5年連続を含め、20勝以上のシーズンが8回もあった。正確無比な制球力を有し、無四球試合通算78はプロ野球記録、ノーヒットノーランも2回達成した。オールスター戦にも15回出場するなど、長きに渡ってパシフィック・リーグを代表する左腕として活躍し、1985年限りで現役を退くまでに歴代4位の317勝をマークした。1993年(平成5)から近鉄の監督を務めたが結果を出せず、1995年のシーズン途中に辞任した。[出村義和]
 選手としての20年間の通算成績は、登板試合703、投球回4600と3分の1、317勝238敗、防御率3.11、奪三振3061、完投340、完封71。獲得したおもなタイトルは、最多勝利3回、最高勝率1回、最優秀防御率1回、最多奪三振8回、ベストナイン3回。監督としての通算成績(3年)は、348試合、167勝171敗10分け、勝率4割9分4厘。2002年(平成14)に野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部]
『杉本成之著『草魂! 鈴木啓示』(1984・恒文社) ▽鈴木啓示著『男の人生にリリーフはない』(1985・徳間書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

鈴木啓示 (すずきけいし)
生年月日:1947年9月28日
昭和時代;平成時代の野球解説者;元・プロ野球監督;元・プロ野球選手

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴木啓示」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鈴木啓示の関連情報

関連キーワード

カザン(Elia Kazan)新藤兼人カシミールジュネイーグルス2025年問題ロジンスキー日野T11B+T25型トレーラーバスみずしま3輪 TM3A国家行政組織法

他サービスで検索

「鈴木啓示」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.