Rakuten infoseek

辞書

鈴木三重吉【すずき みえきち】

美術人名辞典

鈴木三重吉
小説家。広島県生。東京帝大卒。明治39年夏目漱石の推薦で、『千鳥』を『ホトトギス』に発表。児童文学に進出し、処女童話集『湖水の女』を刊行。大正7年『赤い鳥』を創刊芥川龍之介有島武郎・豊島与志雄らに勧めて児童文学の筆をとらせる一方、北原白秋・西条八十・野口雨情の詩の作曲を山田耕筰に依頼し、坪田譲治新美南吉山本鼎を世に送り出すなど、童話・童謡・童画・綴方運動を展開した。昭和11年(1936)歿、55才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

すずき‐みえきち〔‐みへキチ〕【鈴木三重吉】
[1882~1936]小説家・童話作家。広島の生まれ。夏目漱石門下短編千鳥」で認められ、大正7年(1918)児童雑誌赤い鳥」を創刊、児童文学の発展に尽力。小説「小鳥の巣」「桑の実」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

鈴木三重吉 すずき-みえきち
1882-1936 明治-昭和時代前期の小説家,児童文学者。
明治15年9月29日生まれ。夏目漱石に師事。小説「千鳥」「桑の実」を発表。大正7年「赤い鳥」を創刊し,芸術性ゆたかな童話・童謡の創作を提唱。坪田譲治,新美南吉(にいみ-なんきち)らの童話作家をそだてた。昭和11年6月27日死去。55歳。広島県出身。東京帝大卒。童話集に「世界童話集」。
格言など】生きたいというのは寂寥と悪闘しようとする執着でなければならない(「小鳥の巣」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

すずきみえきち【鈴木三重吉】
1882‐1936(明治15‐昭和11)
小説家,童話作家。広島市生れ。少年時に母を失う。1908年東大英文科卒業。成田中学,海城中学の教師を務めた。東大在学中から夏目漱石に私淑。神経衰弱のため休学し,瀬戸内海能美島で保養,その生活より着想した《千鳥》(1906)を漱石の推薦で《ホトトギス》に発表,作家として踏みだした。上京して漱石宅に親しく出入りするようになり,木曜会を提案。07年《千代紙》を刊行。〈一人の女性〉の追憶憧憬に生きる心情を描く,暗く沈んだロマン性が注目をひいた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すずきみえきち【鈴木三重吉】
1882~1936) 小説家・児童文学者。広島県生まれ。東大卒。夏目漱石に師事。「千鳥」「桑の実」など繊細で浪漫的な作風で文壇に認められた。のち児童雑誌「赤い鳥」を創刊、児童文学の普及と向上に努めた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鈴木三重吉
すずきみえきち
[生]1882.9.29. 広島
[没]1936.6.27. 東京
小説家,児童文学者。第三高等学校を経て 1908年東京大学英文科卒業。病気休学中に小説『千鳥』 (1906) を書いて夏目漱石に推賞され,その門下に列して『山彦』 (07) ,『お三津さん』 (07) で文壇に進出,繊細な感覚と豊かな抒情性に特色を示し,後期浪漫主義の有力作家と目された。しかし『瓦』 (11) ,『桑の実』 (13) などの長編発表後は,童話集『湖水の女』 (16) ,『世界童話集』 (17~26) などを書いて児童文学に転じ,18年には児童文芸雑誌『赤い鳥』を創刊,後半生を同誌のために捧げ,翻訳,再話ならびに編集,新作家の発掘に努めた。『赤い鳥』編集を通じての児童文化への貢献は多大である。ほかに小説『八の馬鹿』 (15) ,再話『古事記物語』 (20) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鈴木三重吉
すずきみえきち
(1882―1936)
小説家、児童文学者。明治15年9月29日、広島市に生まれる。1904年(明治37)東京帝国大学英文科入学。病気で休学するが、その保養のために渡った瀬戸内海の能美(のうみ)島での見聞に空想を織り交ぜて綴(つづ)った小説『千鳥』(1906)が夏目漱石(そうせき)に激賞され、これを処女作として作家的出発をした。漱石門下として短編集『千代紙』(1907)を発表、1908年大学卒業後は中学の教師をしながら創作を続け、『黒髪』(1909)、『小鳥の巣』(1910)、『桑の実』『櫛(くし)』(ともに1913)など、哀愁に彩られたロマンチシズムを本領としている。しかし現実をリアルに描くことを旨とする自然主義全盛時代にあってしだいに寡作となり、ついにはロマンチシズムをその本質とする児童文学に転向するに至った。
 1918年(大正7)7月、自ら主宰して児童雑誌『赤い鳥』を創刊。芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)、有島武郎(たけお)、島崎藤村(とうそん)、北原白秋(はくしゅう)ら文壇作家の応援を受け、小川未明(みめい)、坪田譲治、新美南吉(にいみなんきち)らの童話作家を育て、戯作(げさく)的色彩の濃かった明治時代のお伽噺(とぎばなし)を、近代的な児童文学に高める役割を果たした。彼は『赤い鳥』誌上に、外国の童話や小説を子供にふさわしいように書き直した再話を精力的に発表したが、とくに『古事記物語』(1919~20)と『ルミイ』(家なき子)(1932~36)が優れている。なお、同誌を通じて子供の綴方(つづりかた)の指導を行ったが、その著『綴方読本』(1935)は現代綴方運動の基点としての役割を果たした。昭和11年6月27日没。[上笙一郎]
『『鈴木三重吉全集』六巻・別巻一(再刊・1982・岩波書店) ▽『鈴木三重吉童話全集』九巻・別巻一(1975・文泉堂書店) ▽『古事記物語』(角川文庫・春陽堂少年少女文庫) ▽根本正義著『鈴木三重吉と「赤い鳥」』(1973・鳩の森書房) ▽鈴木三重吉赤い鳥の会編・刊『鈴木三重吉』(1975)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すずき‐みえきち【鈴木三重吉】
小説家、童話作家。広島県出身。東京帝国大学英文科卒。夏目漱石の門下。在学中、「千鳥」で文壇に登場。大正期にはいり童話集「湖水の女」を発表、大正七年(一九一八)「赤い鳥」を創刊、児童文学の世界に大きな功績を残した。著に「山彦」「小鳥の巣」「桑の実」など。明治一五~昭和一一年(一八八二‐一九三六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴木三重吉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鈴木三重吉の関連情報

他サービスで検索

「鈴木三重吉」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.