Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

金閣【キンカク】

デジタル大辞泉

きん‐かく【金閣】
黄金で飾った高殿。また、豪華な楼閣。
鹿苑寺(ろくおんじ)舎利殿通称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんかく【金閣】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

きん‐かく【金閣】
[1] 〘名〙 黄金で飾ったたかどの。また、美しく豪華な楼閣。
※懐風藻(751)七夕〈藤原房前〉「瓊筵振雅藻。金閣啓良遊」 〔宋史‐曹修古伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

金閣
きんかく
室町前期,足利義満が京都北山に営んだ山荘遺構で,三層の楼閣建築
1397年,義満は莫大な費用を投じて豪華な別荘を建て,彼の死後禅宗寺院鹿苑 (ろくおん) 寺となった。金はその一部で舎利殿 (しやりでん) として建てられ,初層・中層寝殿造,上層は禅宗様の様式による三層の楼閣である。中層・上層の外壁金箔をおいたところから金閣の通称で呼ばれる。1950年放火により焼失したが,その後復原再建された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金閣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金閣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.