Rakuten infoseek

辞書

金銭【キンセン】

デジタル大辞泉

きん‐せん【金銭】
貨幣の総称。かね。ぜに。「金銭に細かい人」「金銭感覚」
金で鋳造した金貨

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きんせん【金銭】
おかね。貨幣。ぜに。 -に淡白だ -上の問題
金で鋳造した銭。760年(天平宝字四)鋳造の開基勝宝が日本最初のものとされている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

金銭 (カラナデシコ)
植物。石竹の別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きん‐せん【金銭】
〘名〙
① 金で作られた円形方孔の銭貨。日本では天平宝字四年(七六〇)から発行された開基勝宝にはじまる。
※続日本紀‐天平宝字四年(760)三月丁丑「金銭文曰開基勝宝、以一当銀銭之十
※平家(13C前)三「金銭九十九文、皇子の御枕におき」
② ぜに、かねの総称。貨幣。
※虎寛本狂言・胸突(室町末‐近世初)「世に金銭を負ふせた者もあれ共、金銀故に命を取られた者も無いものぢゃ」 〔史記‐呉王濞伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こん‐ぜん【金銭】
〘名〙 植物「ごじか(午時花)」の異名。〔二十巻本和名抄(934頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金銭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金銭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.