Rakuten infoseek

辞書

金銀花【キンギンカ】

デジタル大辞泉

きんぎん‐か〔‐クワ〕【金銀花】
スイカズラの花。漢方で乾燥したものを解熱解毒薬に用いる。花が白色から2、3日後に黄色になるところからの名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

きんぎんか【金銀花】
愛知の日本酒。大吟醸酒、本醸造酒などがある。味わいは淡麗やや辛口。原料米は山田錦、五百万石など。仕込み水は木曽川伏流水。蔵元の「金銀花酒造」は享保年間(1716~36)創業。所在地は一宮市今伊勢町馬寄字山之小路。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典

きんぎんか【金銀花】
漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。スイカズラ科スイカズラの花を乾燥したもの。解熱解毒殺菌作用などがある。化膿(かのう)症炎症などに効く托裏消毒飲(たくりしょうどくいん)や、かつて梅毒などに用いられた香川解毒剤などに含まれる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんぎんか【金銀花】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きんぎんか【金銀花】
スイカズラの漢名。また、そのつぼみを用いた生薬。解毒・利尿薬に用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

金銀花 (キンギンカ)
植物。スイカズラ科の半常緑つる性植物,園芸植物,薬用植物。スイカズラの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金銀花」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金銀花の関連情報

他サービスで検索

「金銀花」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.