Rakuten infoseek

辞書

金言【キンゲン】

デジタル大辞泉

きん‐げん【金言】
処世上の手本とすべき内容を持つすぐれた言葉。金句。
の口から出た、不滅の真理を表す言葉。こんげん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こん‐げん【金言】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きんげん【金言】
人生や生活の上で尊重し模範とすべきすぐれた格言。金句。
仏の口から出た尊い教え。こんげん。
[句項目] 金言耳に逆らう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こんげん【金言】
金口こんくの言の意
きんげん金言

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きん‐げん【金言】
〘名〙
① 処世へのいましめや教えとして手本とすべき言葉。模範とすべき内容をもった言葉。名言。格言。金句。
※中右記‐嘉承二年(1107)一二月一日「人人不可然由被難云々、不知是非、故大殿仰立公事之金言歟」 〔白居易‐寄徴之詩〕
② 仏語。仏の金口(こんく)から出た不滅の法語。釈迦の言葉。こんげん。
※本朝文粋(1060頃)一三・為左大臣供養浄妙寺願文〈大江匡衡〉「金言流布。知提河之有一レ金」 〔大法炬陀羅尼経‐九〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こん‐げん【金言】
〘名〙 (金口(こんく)の言の意) =きんげん(金言)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金言」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金言の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.