Rakuten infoseek

辞書

金融派生商品【きんゆうはせいしょうひん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金融派生商品
きんゆうはせいしょうひん
derivative financial instruments
株式債券外国為替取引先物オプション(→オプション取引),スワップ(→スワップ取引)など,本来の株式,債券,外為取引商品から派生して生まれた金融商品。デリバティブともいう。貸借対照表(バランスシート)には計上されないオフバランス取引であることが大きな特徴。貸借対照表に計上されるオンバランス取引より取引コストが低く,税制面などの規制緩和もあり,1980年代に急速に市場規模が拡大した。その後,現物市場を上回っているものも少なくない。アメリカ合衆国では,1979年に金融政策が金利重視から通貨供給量重視に転換され,金利,為替乱高下が起こったが,そのリスク回避対策として脚光を浴びた。しかし 2007年以後,アメリカの信用力の低い個人向けの融資であるサブプライムローンの証券化など複雑なデリバティブ取引の拡大が世界的な金融危機に発展するに及んで,国際的なデリバティブ規制の機運が強まった。日本では,2006年の証券取引法全面改正に伴って制定された金融商品取引法にデリバティブ取引の定義設け,その対象を拡大した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんゆうはせいしょうひん【金融派生商品】
本来は,株式や為替などの取引で生じる損失を回避するために開発された高度な金融技術を使った金融商品。英語でfinancial derivativesといい,単にデリバティブとも称する。将来相場変動を予測して行う先物取引変動金利固定金利を交換する金利スワップ取引,異なる通貨建ての債務を交換する通貨スワップ取引,オプション取引などをさす。デリバティブが従来の商品と異なる最大のポイントは,取引に際して元本に相当する金額の現金受渡しが行われないことである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きんゆうはせいしょうひん【金融派生商品】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

金融派生商品
デリバティブ」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

きんゆうはせい‐しょうひん〔‐シヤウヒン〕【金融派生商品】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

金融派生商品
きんゆうはせいしょうひん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金融派生商品」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金融派生商品の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.