Rakuten infoseek

辞書

金融庁検査【キンユウチョウケンサ】

デジタル大辞泉

きんゆうちょう‐けんさ〔キンユウチヤウ‐〕【金融庁検査】
金融機関の業務が適切に行われているかを確認するために、金融庁が実施する立入検査金融検査

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

金融庁検査
金融庁が金融機関経営がうまくいっているか確かめるため、業務内容を調べる検査。大手銀行は毎年調べる。「検査官」と呼ばれる職員が金融機関の本店支店に行き、関係書類に目を通したり、役員らから事情を聴いたりする。無理な貸し出しで不良債権が増えていないかや、不正取引などの違法行為がないか調べ、問題があれば業務の改善や停止を命じる。意図的に書類を隠すなど検査妨害があれば、刑事告発もできる。
(2013-10-22 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

金融庁検査」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金融庁検査の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.