Rakuten infoseek

辞書

金縷玉衣【キンルギョクイ】

デジタル大辞泉

きんる‐ぎょくい【金×縷玉衣】
中国漢代、金糸で玉片をつづってつくった、遺体をおおう

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんるぎょくい【金縷玉衣 jīn lǚ yù yī】
中国の漢代の皇帝と高級貴族が葬られるとき,すっぽりと全身を包んだ葬服で,全部が薄い玉片(4.5cm×3.5cm~1.5cm×1cm)からなり,玉片の四隅小孔をあけて,針金状の金の撚糸で綴り合わせてある。1968年,河北省満城漢墓で,棺内から発見された中山靖王夫妻のものが有名である。靖王劉勝の玉衣は,2498枚の玉片を約1100gの金の撚糸で綴ったもので,全長が1.88mになり,頭部(前,後),胴衣(前,後),左右の腕と手,左右の脚と足の部分に分けてつくられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きんるぎょくい【金縷玉衣】
中国漢代、玉片を金糸でつなぎ合わせ衣のようにして死者の全身をおおったもの。玉匣ぎよくこう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

金縷玉衣
きんるぎょくい
中国、漢代、死者に着せた玉の衣。玉匣(ぎょくこう)ともいう。名刺大の玉片を金の糸でつなぎ合わせ、鎧(よろい)のように全身を覆ったもの。玉のもつ霊力によって肉体を永遠に保たせようと願ってつくられたものと考えられる。皇帝や皇后、王侯貴族が用いたが、身分によって銀縷、銅縷の別がある。河北(かほく/ホーペイ)省満城漢墓、江蘇(こうそ/チヤンスー)省徐州土山漢墓などで発見され、完全に復原できるようになった。『前漢書』霍光(かくこう)伝をみると、金縷玉衣のほか、喪葬の具、棺や槨(かく)、柩(ひつぎ)をのせる(おんりょうしゃ)などが下賜されることを記している。[吉村 怜]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金縷玉衣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金縷玉衣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.