Rakuten infoseek

辞書

金網【カナアミ】

デジタル大辞泉

かな‐あみ【金網】
針金を編んで作った

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かなあみ【金網】
針金で編んだ網。 「 -戸」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

金網
かなあみ
金属やその合金の線で編んだ網状の製品の総称。一般に菱形(ひしがた)金網、溶接金網、エキスパンドメタル、亀甲(きっこう)金網など、その形や製法によりそれぞれの名称がある。材料は線材として1.8~5ミリメートル程度のものがあり、これを菱形や亀甲形に編んだり、鋼線を溶接して金網とする。エキスパンドメタルは鋼板に切れ目を入れて引き伸ばしたもので、そのほかにステンレス鋼製、黄銅製などがある。また、これらの網に塩化ビニルを被覆させ、防錆(ぼうせい)効果と美観とを備えたものもあり、これらは住宅用の垣根や、道路の柵(さく)などに用いられている。これらの日本工業規格(JIS(ジス))としては、JIS G 3552菱形金網、JIS G 3551溶接金網、JIS G 3351エキスパンドメタルがある。[坂田種男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金網」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金網の関連情報

他サービスで検索

「金網」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.