Rakuten infoseek

辞書

金石学【きんせきがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金石学
きんせきがく
epigraphy
金属,石に刻まれた文字,つまり金石文を主として研究する学問。食器,酒器,楽器,武器,印璽,鏡鑑,仏像,梵鐘,碑,碣 (けつ) ,墓誌などがおもな対象で,さらに甲骨類,陶類,銭幣類などを含めることもある。解読に始る文字そのものや書法の研究,文字の刻まれた器物の研究,史料としての研究など,金石学の範囲は広い。西洋では,古代ギリシア時代から歴史研究に利用され,19世紀になってエジプトメソポタミアの刻文の研究が進展するにつれ,科学的に基礎づけられた。東洋では,北宋欧陽修が基礎をつくり,元・明時代はふるわなかったが,清代に入り考証学興隆とともに栄えた。中華民国以後は日本や欧米の考古学の手法を取入れ,王国維らのすぐれた業績を生んでいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きんせき‐がく【金石学】
金石文の文字や文章などを研究する学問。考古学と文献史学の境界分野にあたる。
鉱物学旧称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんせきがく【金石学】
金属や石など硬質の素材に刻まれた文,すなわち金石文(碑文)を考察対象とする学問。碑文学ともいう。金石文はオリエント,ギリシア・ローマ,インド,中国,朝鮮,日本など世界各地に伝存し,それぞれについて研究が進められている。
[ギリシア・ローマ]
 ギリシア・ローマの金石文は,量質ともに豊富であるうえ,テキストの収集・校訂・刊行もきわめて盛んであって,古代ギリシア・ローマ史研究のうえで重要な役割を果たしている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きんせきがく【金石学】
金石文を対象とする学問。文献史学と考古学の境界分野にあたり、また言語学にとっても重要な意義をもつ。
鉱物学の旧称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

金石学
きんせきがく
中国で、青銅器銘文研究が金文学で、亀甲(きっこう)や獣骨に刻まれた文字の研究が甲骨学であり、この二つのほかに、古銭、印璽(いんじ)、石刻、玉、陶器、瓦磚(がせん)、竹木などに記された文字の研究を総称して金石学とよぶ。金石学は、宋(そう)代の欧陽修(おうようしゅう)(1007―72)の『集古録跋尾(しっころくばつび)』に始まるとされている。欧陽修の書は、それまでの古文字学、経学、歴史学の成果のうえに成ったものである。宋代以後、清(しん)代の考証学の隆盛とともに金石学はより精密さを加えたが、中華民国期の殷墟(いんきょ)発掘を契機として科学的調査発掘の重要性が認識されるに至った。中華人民共和国の成立後、考古遺物の発掘が相次ぎ、金石学に付きまとう真偽問題にも新たな視点が導入されつつある。[武者 章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きんせき‐がく【金石学】
〘名〙
鉱物について、性状、産状、応用等を研究する学問。鉱物科学の旧称。〔改正増補和英語林集成(1886)〕
② 金属、石などに刻まれた金石文により言語、文字を研究する学問。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金石学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金石学の関連情報

他サービスで検索

「金石学」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.