Rakuten infoseek

辞書

金沢藩【かなざわはん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金沢藩
かなざわはん
加賀藩ともいう。江戸時代加賀国 (石川県) ,能登国 (石川県) ,越中国 (富山県) 地方を領有した藩。藩主は外様大名前田氏。江戸時代を通じて 102万石余,俗に加賀前田百万石といい,最大規模を誇った。江戸城大広間詰。前田利家は織田信長から能登1国を,次いで豊臣秀吉から越中国と加賀国2郡を与えられ,2代利長は慶長5 (1600) 年関ヶ原の戦い後徳川家康から加賀2郡を与えられ,領地は 120万石に達した。3代利常が寛永 16 (39) 年に前田利次に越中富山藩 10万石,前田利治に加賀大聖寺藩7万石を分知してのち 102万石余となる。3代利常,4代光高,5代綱紀 (つなのり) の治世約 110年間は藩政の基礎を確立した時期で,とりわけ,利常が慶安4 (51) 年から明暦2 (56) 年にかけて行なった改作法とよぶ農政刷新事業は有名である。その成果を継承した綱紀は,藩の諸制度を完備させ,学者,文人を招いて美術工芸の奨励など,文治政策を推進した。そののち藩財政が行きづまり,6代吉徳 (よしのり) のとき,大槻伝蔵が取立てられて商業資本と結び財政補強が行われたが,加賀騒動により失脚した。 13代斉泰 (なりやす) のとき,寺島蔵人らの改革派が財政整理,産物方設置に着手したが不徹底に終った。明治維新まで 14代続き,廃藩置県にいたった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典

かなざわはん【金沢藩】
加賀藩(かがはん)

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かなざわはん【金沢藩】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

金沢藩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金沢藩の関連情報

他サービスで検索

「金沢藩」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.