Rakuten infoseek

辞書

金文【キンブン】

デジタル大辞泉

きん‐ぶん【金文】
鉄器・銅器など金属器に刻まれた文字や文。特に、中国、殷(いん)時代の青銅器に鋳刻された銘文をいう。→石文

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんぶん【金文 Jīn wén】
中国で,金属器に鋳だしたりたがね彫された文字,文章をいう。中心は代末年から周代にかけての青銅器に鋳だされた銘文である。青銅製品は竜山文化末期に出現し,殷代の二里頭,二里岡期にはすでに精巧な青銅容器が存在するが,そのうえに確かな銘文は見いだせない。金文の出現は殷の安陽期になってからである。最も古い銘文は,ある部族あるいは血族集団を表象する図像記号(部族標識ともいう)だけを表したもの,あるいは特殊な人名だけを表したもので,殷墟の婦好墓出土の金文がその典型となろう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きんぶん【金文】
青銅器などの金属器に刻まれた文字・文章。特に、中国殷・周代の青銅器の銘文をいう。 → 石文

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きん‐ぶん【金文】
〘名〙 古代の鉄器や銅器など金属類にしるされた文字・文章。中国の殷・周時代の古銅器にみられる銘文など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きん‐もん【金文】
〘名〙 金言をしるした文章。また、経文。
※明極楚俊遺稿(14C中か)悼径山義蔵主「龍淵水已成枯竭。大蔵金文尽作灰」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金文
きんぶん
金石文」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金文」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金文の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.