Rakuten infoseek

辞書

金峰【きんぽう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金峰
きんぽう
鹿児島県西部南さつま市東部の旧町域。薩摩半島の西部に位置し,東シナ海に臨む。東部は金峰山 (636m) を最高峰とする山岳地帯,西部は吹上浜の砂丘地帯からなる。 1956年阿多村と田布施村が合体して町制。 2005年加世田市,笠沙町,大浦町,坊津町の1市3町と合体して南さつま市となった。江戸時代は田布施郷,阿多郷と呼ばれる島津氏直轄地。米,コムギ,オオムギ,サツマイモ,キュウリなどがおもな農作物畜産も行なわれる。海岸は吹上浜県立自然公園に属し,県立の海浜公園がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

金峰
きんぽう
鹿児島県薩摩半島(さつまはんとう)中西部、日置郡(ひおきぐん)にあった旧町名(金峰町(ちょう))。現在は南さつま市の北東部を占める。旧金峰町は1956年(昭和31)田布施(たぶせ)村と阿多(あた)村が合併して町制施行。2005年(平成17)加世田(かせだ)市、川辺(かわなべ)郡大浦(おおうら)町、笠沙(かささ)町、坊津(ぼうのつ)町と合併し南さつま市となった。これにより日置郡は消滅した。旧町域のほぼ中央部に霊峰金峰山(636メートル)がそびえ、西側は万之瀬(まのせ)川や長谷(ながたに)川、堀川などの各支流の開析した谷底平地が広がり、海岸部の砂丘は吹上浜(ふきあげはま)海岸砂丘中、もっとも発達した部分である。平地部を国道270号が南北に走る。水田が多く、砂丘後背地の水田地帯は南薩の穀倉といわれており、砂丘地の利用も進められている。また、藩政時代から出稼ぎや副業が盛んで、「阿多タンコ(桶(おけ)職)」「田布施コビキ(木挽(こびき))」のことばや民芸品「阿多張きせる(あたばりきせる)」が残っており、いまでも茶士、杜氏(とうじ)として県内各地で働く人も多い。金峰山頂に蔵王権現(ざおうごんげん)社がある。[田島康弘]
『『金峰郷土史』3冊(1963~1966・金峰町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金峰」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金峰の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.