Rakuten infoseek

辞書

金峰山県立自然公園【きんぽうざんけんりつしぜんこうえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金峰山県立自然公園
きんぽうざんけんりつしぜんこうえん
熊本市西方の金峰山を中心とする自然公園。面積 73.19km2。 1955年指定。山と渓谷の豊かな自然美と果樹園,多くの史跡などを特色とする。金峰山からは熊本市街,有明海,雲仙岳,阿蘇山などが眺望できる。外輪山を刻む渓谷には大分県の耶馬渓と同じ景観がみられ,雲巌寺の霊巌洞,岩戸観音や五百羅漢 (岩壁一帯に彫り込まれた石仏群) ,夏目漱石の『草枕ゆかり茶屋,小天,河内の各温泉がある。霊巌洞 (高さ 3m,幅 3.5m,奥行 5.5m) は江戸時代の剣豪宮本武蔵が兵法の極意書『五輪書』を著わした地とされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金峰山県立自然公園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金峰山県立自然公園の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.