Rakuten infoseek

辞書

金子筑水【かねこちくすい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金子筑水
かねこちくすい
[生]明治3(1870).1.10. 長野
[没]1937.6.1. 東京
哲学者,評論家。本名は馬治。東京専門学校を卒業後,1903年ドイツに留学,帰国後早稲田大学教授として哲学,美学などを担当。精神文化を重んじる文化主義者として第1期『早稲田文学』や『太陽』に,穏健中正的な立場から諸論文を発表,また西洋哲学の紹介に努めた。早稲田演劇博物館初代館長。主著は『欧州思想大観』 (1921) ,『芸術の本質』 (24) で,ほかに『近代思想の研究』『現代哲学概論』などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

金子筑水 かねこ-ちくすい

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

金子筑水
かねこちくすい
(1870―1937)
哲学者、評論家。本名馬治(うまじ)。長野県生まれ。東京専門学校(現、早稲田(わせだ)大学)を卒業、同校講師。ドイツに留学、新カント派のW・ブントらに学び、1904年(明治37)帰国、早大で哲学、美学、心理学を担当。理想主義の観点から、自然主義の早稲田にあって自然主義の是正を試み、大正期には、真善美の創造、調和を生の最高価値とする文化主義を唱え、穏健中正の立場で、調和のとれた文化の幅広い発展を説いた。主著に『生活と文化』(1919)、『欧洲思想大観』(1920)、『芸術の本質』(1924)、『金子博士選集』上下がある。[中村 完]
『『明治文学全集50 金子筑水他集』(1974・筑摩書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金子筑水」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金子筑水の関連情報

関連キーワード

普仏戦争オリビエ(Emile Ollivier)製糸業日本科学史ナポレオンコッペリアシュトラウス文化闘争開拓使ワーグナー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.