Rakuten infoseek

辞書

金型【かながた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金型
かながた
(1) metallic pattern 鋳物の金属製原型で,木型に対する語。木型より損耗や狂いが少く長期保存できる利点がある。しかし高価なので,造型機で鋳物砂を機械込めする場合やシェルモールド法の場合など,大量生産鋳物に限って用いられる。材質は砲金 (→青銅 ) ,アルミニウム合金が多い。 (2) metallic mould 金属製鋳型で,砂型に対する語。ンゴット鋳造にも使われるが,普通は製品鋳物用をさす。金型鋳造は寸法精度,生産性の点ですぐれているが,ある程度以上の温度では金型の寿命が短く,大型鋳物に適さない欠点もあるので,適用はだいたい一部の鋳製品,一部の銅合金,軽合金および亜鉛合金に限られる。鋳鉄の遠心鋳造とチルド鋳物,銅合金と軽合金の普通鋳物の金型は鋳鉄製が多い。一部には普通鋼も用いられる。軽合金および亜鉛合金のダイカスト用金型は,熱衝撃,熱疲労に耐えるものでなければならないので,必ず特殊の合金鋼を用いる (→ダイス鋼 ) 。また溶融金属を下から押上げて鋳造する低圧鋳造法でも金型が用いられる。インベストメント鋳造法のろう模型製作用の低融点合金型も金型といっている。金属材料だけでなく,プラスチックの熱塑性加工やガラスの鋳造にも広く使われている。以上とは別に鍛造用,プレス用の型も金型と呼ばれ,素材を製造するうえでの基盤技術を構成している。 (→合金工具鋼 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

金型
製品を量産するために作られる金属製の型の総称。金属材料を打ち抜いたり曲げたりするプレス金型、圧力を加え材料を変形させる鍛造型、高温で溶かした鉄やプラスチックを流し込んで冷やし固めて成形する鋳造型などがある。日本金型工業会によると、07年の国内生産額は1兆7014億円、都道府県別では愛知県がトップで岐阜県が7位。
(2009-09-20 朝日新聞 朝刊 東海経済)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

かな‐がた【金型】
金属製の鋳型。また、プラスチック成型・プレス加工に用いる金属製の型。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かね‐がた【金型】
金属製の鋳型。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

金型
 ある形のものを作るための金属製の型.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かながた【金型】
金属で作った型の総称。ダイカスト用・鋳物用・型鍛造用・プラスチック成型用などがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かねがた【金型】
金属製の鋳型。 → 土型木型

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

金型
かながた
metallic mould
金属製の型で、鍛造に使われるときは鍛造用金型、プレスに使われるときはプレス用金型、鋳造用に使われるときは鋳造用金型などとよばれる。ダイカスト用金型も鋳造用金型である。プラスチックなどの成形用に使われるものもいう。
 ダイカストは、アルミニウム合金や亜鉛合金のように比較的融点の低い金属を高い圧力を加えて金型に押し込む方法であるが、融点のより高い銅合金や、最近では鋳鉄を圧力をとくに加えずに金型に鋳造する金型鋳造法が開発された。鋳鉄の場合は金型の急冷効果を考慮して炭素量、ケイ素量の高い溶湯が用いられ、それでも急冷によって組織が微細化するので高強度の鋳物が得られる。金型表面には塗型を行って過度の急冷を防ぎ、また金型は通気性がないので適当な寸法のガス抜きをつけ、さらに鋳型の予熱温度や製品の取り出し温度など十分な管理が必要である。生産能率の高いことが利点である。[井川克也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かな‐がた【金型】
〘名〙 金属製の型。
(イ) 鉄などの金属でつくった鋳型。
(ロ) プラスチック成形に用いる金属製の型。ふつう雄型と雌型とがある。
(ハ) プレス加工に用いる、上下一対になった金属製の型。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かね‐がた【金型】
〘名〙 金属製の鋳型(いがた)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金型」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金型の関連情報

関連キーワード

筋電図メタリックエナメル固定パターンノイズ大動脈弁狭窄症動物心理物理学ガンメタリックシルバーメタリック銀色の愛ふたたび腐食オーバーストーン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.