Rakuten infoseek

辞書

金匱要略【きんきようりゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金匱要略
きんきようりゃく
Chin-kuei-yao-lüeh
中国の古医書の一つ。後漢末の張仲景著書といわれる。現存するテキストは宋代に林億らにより校訂されたものである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

金匱要略
きんきようりゃく
中国の古典医学書。正式には『金匱要略方論(ほうろん)』。全3巻。張仲景(ちょうちゅうけい)の撰(せん)とされている。通説として、張仲景の『傷寒雑病論』16巻のうち、『傷寒論』10巻を除いた『雑病論』6巻が『金匱要略』であるといわれている。北宋(ほくそう)の仁宗(じんそう)(在位1022~63)の時代に、王洙(おうしゅ)が図書館で『金匱玉函(ぎょくかん)要略方』3巻を発見、上巻は傷寒を弁じ、中巻は雑病を論じ、下巻は処方と婦人の治療が記録してあったが、不備なものであったので、林億(りんおく)らが勅命によって付加・削除して『金匱方論』3巻を編したという。そしてこの書から雑病だけをとり、これに諸家の経方書からとったものを加えたのが今日の『金匱要略』3巻であるとされている。[山本徳子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金匱要略」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金匱要略の関連情報

他サービスで検索

「金匱要略」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.