Rakuten infoseek

辞書

金北山【きんぽくさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金北山
きんぽくさん
新潟県西部,佐渡島西部,大佐渡山地にある佐渡島最高点の標高 1172m。新第三紀凝灰岩頁岩火山岩主体で,上部安山岩眺望雄大で,全島をはじめ新潟平野が望まれる。山上には佐渡国の総鎮守の金北山神社があり,かつて「初御山」の習慣があった。佐渡鉱山開発後は江戸幕府尊崇もあつく,社殿改築も奉行所によって行なわれた。山腹平坦地ではウシ,ウマの放牧が行なわれ,山上にはシャクナゲが群生する。佐渡弥彦米山国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きんぽく‐さん【金北山】
新潟県、佐渡島西部にある最高峰。標高1172メートル。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんぽくさん【金北山】
新潟県佐渡島中北部,大佐渡山地の主峰で佐渡の最高峰。標高1172m。山体は新第三紀火砕岩類,紫蘇輝石安山岩からなる。山頂付近にシャクナゲの群落がある。頂上に金北山神社(祭神は大毘古命(おおひこのみこと),軻遇突智命(かぐつちのみこと))が鎮座し,島の男子は7歳になると,初山と称して父兄に伴われて登山し,シャクナゲのを持ち帰るならわしがあった。第2次大戦後,アメリカ軍のレーダー基地が山頂に設けられ,現在は航空自衛隊が管理している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きんぽくさん【金北山】
新潟県、佐渡島の中北部にある山。海抜1172メートル。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

金北山
きんぽくさん
新潟県佐渡島(さどがしま)(佐渡市)の大佐渡山地の主峰。標高1172メートル。山体は第三紀中新世の石英安山岩類からなり、壮年期的侵食を受けて雄大にそびえている。古くから島民の信仰の霊山で、頂上には金北山神社、自衛隊のレーダー基地がある。登山口は南麓(なんろく)の北新保(きたしんぼ)からで、白雲(はくうん)台―妙見(みょうけん)山―金北山の登山コースがある。[山崎久雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きんぽく‐さん【金北山】
新潟県佐渡島の最高峰。標高一一七二メートル。古くから島民の信仰の山。山腹は牛、馬の放牧に利用。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金北山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金北山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.