Rakuten infoseek

辞書

金剛杵【こんごうしょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金剛杵
こんごうしょ
密教法具の一つ。 (きね) に似て中央がくびれ,両端 () をつける。本来はバジラというインドの武器仏教では修法に用いこれにより煩悩を破ると説く。また守護のために執金剛神がこれを持つ。両端の形状により独鈷杵 (とっこしょ) ,三鈷杵五鈷杵九鈷杵,宝珠杵,塔杵の別があり,また握りの形によって鬼目杵,鬼面杵などに区別される。金銅製が多く,まれに鉄・木製がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こんごう‐しょ〔コンガウ‐〕【金剛×杵】
古代インドの武器。のちに密教で、外道悪魔を破砕し煩悩(ぼんのう)を打ち破る象徴として用いる法具。真鍮(しんちゅう)鋼(はがね)などで作り、中央の握りが細い。両端のとがった独鈷(とっこ)杵、両端の分かれている三鈷杵五鈷杵などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こんごうしょ【金剛杵】
古代インドで,インドラ神や執金剛神が持つとされる武器。また,密教で用いられる法具の一種。サンスクリットバジュラvajraの訳。バジュラは,把手の両端に鋭い刃のついた杵形の武器で,をかたどったものといわれ,本来は雷霆(らいてい)神インドラの所持物であったが,のち仏教では,この武器を持った神(執金剛神)がいつも影のように仏につき従い,仏を守護していたと考えられた。密教の法具としての金剛杵は,この武器が堅固であらゆるものを摧破(さいは)するところから,煩悩を破る悟りの智慧の象徴として採り入れられたもので,両端の刃先の形によって,1本だけ鋭くとがった刃先の独鈷(独股)(とつこ),その刃先に両側から(かぎ)形に湾曲した刃を2本備えた三鈷(三股),四方から4本備えた五鈷(五股)などがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こんごうしょ【金剛杵】
古代インドの武器。のち密教で、煩悩を打ち砕く仏の智慧を象徴する法具。細長く手に握れるくらいの大きさで、両端のとがった独鈷とつこ、両端が三つに分かれている三鈷、五つに分かれている五鈷などがある。金剛。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

金剛杵
こんごうしょ
古代インドの武器。サンスクリット語ではバジラvajraといわれる。「杵(きね)」の形をとっており、中央部が取っ手で両端に刃がついている。堅固であらゆるものを打ち砕くところから金剛の名を冠している。密教ではすべての煩悩を破る仏智(ぶっち)あるいは菩提心(ぼだいしん)(仏に向かおうとする心)の標示としてこれを用いており、諸尊(たとえば帝釈天(たいしゃくてん)や執金剛神(しゅうこんごうしん)など)の持物(じもつ)あるいは修法(しゅほう)の際の法具とされている。現在では金銅製のものが多く、長さも15~20センチメートルほどである。両端が、1本で先が分かれていないのを独鈷(とこ)(独鈷杵)、先が三つまたになったのを三鈷(さんこ)(三鈷杵)、先が五つに分かれたものを五鈷(ごこ)(五鈷杵)といい、それぞれ一真如(いちしんにょ)、三密(さんみつ)、五智五仏(ごちごぶつ)あるいは十波羅蜜(じっぱらみつ)を表しているという解釈を加えている。さらに二鈷(にこ)、四鈷(しこ)、九鈷(きゅうこ)、人形杵、羯磨(かつま)杵、塔杵、宝杵など種類は多いが、前記3種がもっとも一般に用いられている。[加藤精一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こんごう‐しょ コンガウ‥【金剛杵】
〘名〙 仏語。古代インドの武器。密教では、煩悩(ぼんのう)を打破する菩提心の表象として用いる。真鍮(しんちゅう)、銅、鉄などでつくり、手に握れるほどの大きさで、形は細長く手杵(てぎね)に似ている。両端の分かれていないのを独鈷(とっこ)、分かれたものはその数により、三鈷、五鈷と称する。それぞれ一真如・三密三身・五智五仏の義を表わす。また、塔・宝珠・鈴などをつけたものもある。
※三代実録‐元慶八年(884)三月二六日「至青龍寺、随阿闍梨法全、重受灌頂、学胎蔵界法、尽其殊旨、阿闍梨以金剛杵并義䡄法門等、付属宗叡

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金剛杵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金剛杵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.